スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際ジャーナル|コンビニ業界の今後に注目

国際通信社発行の国際ジャーナル7月号に掲載されていたコンビニの見切り販売についての記事を読んでから、その後の展開を気にしていましたが、先日公正取引委員会によって、見切り販売を制限することに対する排除措置命令がセブン-イレブン・ジャパンに出されたとニュースで見ました。
業界トップのセブン-イレブンが今後どのように動くかによって、他のコンビニの動きも変わってくるのではないかと注目しています。
新聞にコンビニ1店舗で出る食品の廃棄量は1日で平均10キロ前後だと載っていました。
これはお弁当にして20~30個の量とのこと。
決して少ない量とは言えません。
見切り販売が始まればこの廃棄量は間違いなく減るはずですので、食べ物を粗末にすることが少なくなるということは良いことといえます。
しかし、見切り販売が始まることによってコンビニの商品の在庫切れが起きれば、コンビニ自体の存在価値が下がってしまう結果にもなりかねません。
また、見切り販売を防ぐために製造日の改ざんなどが発生する危険性もないとは言い切れず、消費者にとって必ずしも良い結果とは言えない気がします。
これからも今後のコンビニ業界の動きに注目していこうと思っています。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト
 

国際ジャーナル|福岡県で豪雨のため郵便配達物流される

今月27日、福岡県熊本市にある郵便事業部九州支社は、福岡県前原市にある前原支店で配達中の郵便局のバイクが集中豪雨のために増水した用水路になんと流されてしまい、郵便物約185通が流されてしまったことを発表しました。郵便事業部北九州支社によれば、この事件が起こったのは、7月24日の午後6時半ごろ。前原支店集配課の社員の方が、前原市前原駅南3丁目付近を走っているときに、側溝にタイヤを取られてしまってバランスを崩してしまったそうです。そしてバランスを崩した拍子に、バイクごと社員が約3mの幅の用水路に落ちそうになってしまったために、バイクのハンドルを放したので、郵便配達用のバイクが郵便物とともに落ちて流されたそうですよ。これは命もかかっていますから、仕方がない状況といもいえるかなと思います。この流されてしまったバイクは26日の午後に発見されたそうですが、案の定、郵便物はなくなってしまっていたそうです。この事件に置いて、郵便事業部九州支社は、郵便物の行方を今後も捜査するとともに、前原支店の配達地域の方にチラシ配布などをして、郵便物の紛失について知らせることにしたそうですよ。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

国際ジャーナル|高松って・・・

報道ニッポンという雑誌で、香川県の高松が紹介されていまし
た。高松って行ったことないんだけど、どんなところで?って
友人(高松で18歳まで暮らしていた)に聞くといろいろ語っ
てくれました。
 最近はサンポート高松ができて、駅前はえらい騒ぎになって
いるとのこと。高松シンボルタワーっていうのがあって、まさ
に高松のシンボルになってるんですよーって言っているのを聞
いて、そのまんまの名前だね~って思わず、突っ込んじゃいま
したわ。高松もずいぶん都会になったんですよーって言ってま
したが、だれも田舎だって言ってないじゃん。
 昔から有名な観光名所的なものはないのと聞いたら、もちろ
んご用意してございますって言われちゃいました。旅行の代理
店の人ですか?高松には、女木島と男木島2つの島が並んでい
るらしく、女木島は別名「鬼ヶ島」って呼ばれてるらしい。ま
さかの昔話か!と思いつつ、今でも鬼は住んでるの?って聞い
たら、大鬼が両手を広げて迎えてくれる観光スポットになって
いるらしい。大きな洞窟や「鬼ヶ島おにの館」という資料館み
たいのもあるらしいんだけど、何故か、モアイ像も建っている
らしい。なぜ!?これは友人にも理由がわからないらしい。さ
すが鬼がいた島、なぞが多い・・・。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

国際ジャーナル|北朝鮮の核問題について

北朝鮮の核問題については、様々な新聞や国際ジャーナルなどの雑誌で報道され
ています。これをきっかけにして、日本でも核武装に関する議論が、改めて焦点
となっているように思います。現在の憲法の範囲でも、北朝鮮がミサイルを日本
に発射する意図がわかった場合、日本から先制攻撃をしかけることは、法律上で
も問題ないようですが、日本の自衛隊には、そのような先制攻撃をしかける能力
は準備されていない様です。また、アメリカの核による抑止力ですが、日本に対
する攻撃に対して、どこまでアメリカが関与してくれるのか、という点は、日本
の防衛政策においても、いつも議論となる話題です。アメリカとしても、日本独
自で防衛を行える能力を持つように考えている様にも見受けられますが、日本が
あまりにも巨大な軍事力を保持する事は、北朝鮮のみならず、韓国、中国、ロシ
アなどの近隣諸国にとっても、大きな脅威であるといえる点が、この問題を非常
に難しくしているポイントだと思います。必要最小限の軍事力は独立国としては
かかす事ができませんが、極東地域の安定をどのように保っていくかについて
は、単に軍事力だけではなく、外交政策などの様々な点からの戦略が必要である
といえるのではないでしょうか。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

ペットへの愛情

月刊グラビア情報誌「現代画報」にこのような言葉が書かれていました。
「動物たちが良い一生を遅れるよう獣医師として人として最善を尽くす」と。

この言葉を見た時に、ふと我が家で飼っていた犬のことを思い出したのです。

ペットを飼われている方、多いのではないでしょうか。
私の周りでも犬を飼っている人が結構います。
ペットというのは、家族の一員ですよね。その気持ちで飼われている方
がほとんどだと思います。大切に育ててらっしゃるでしょう。
「ペットの体調が悪そうだ」「いつもと歩き方が違う」など「おかしいな」と
飼い主が思ったら当然、「動物病院」に連れて行くのではないでしょうか。

動物病院って診察代が高いですよね。今は「ペット保険」という言葉も耳に
しますが、その保険に入っていない場合、ちょっとした診察もびっくりするような
値段になりますよね。
それでも、「家族の一員だから」と治ってくれるまで飼い主は通院をするんです。
犬に限らず、うさぎやセキセイインコ、ハムスターを連れてくる飼い主さんも
いらっしゃいますよ。

先ほど「我が家で飼っていた犬のことを・・・」と書きましたが、私が小学校5年くらい
の時にどこからか迷い犬が家の前に座っていました。追い払ってもなかなか逃げようと
せず、しっぽを振って私達家族に寄ってくるんです。何日かほったらかしにしていたん
ですが、絶対に私の家の前から離れようとしません。近所のおばさんは「もう、飼ったら
どう?」と言ってきました。それがきっかけで、我が家の「家族」になったのです。

20年ほど生きました。最後は病気で亡くなってしまいましたが、家族の一員がいなくなり、
とても寂しくなってしまいました。病気がわかった時に、私の母はすぐに動物病院へ行き
ました。「ガンがもしれないね」と言われたとき、頭が真っ白になったそうです。
しかも老犬で、体力があまりない状態でのガンだったら、「最後はめいっぱいかわいがって
あげよう」と家族全員が思ったそうです。とうとう歩けなくなってしまっても、家の前に
出してやって外の空気を吸わせてやりました。薬がなくなったら、病院へ行きました。
病院では獣医師さんも、こちらが納得のいく治療をしてくれました。

ただ、その時に「うちの病院は設備が整っていないから私が納得のいく治療ができないのが
とても悔しい。私の夢は設備が万全に整った病院を作る事なんです」と獣医師さんが言って
いました。あれから数年、うちの家族の一員が通院していた病院は大きくなり、設備が
整った病院になったそうです。

今では、家族全員がその獣医師さんに感謝しています。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

現代画報|学生とコピー&ペースト

社会人入学をして、現在大学院生の友人に先日会いました。待ち合わせ場所に先に着いていた彼は、原稿用紙に鉛筆で必死にレポートを書いているところでした。彼がモバイルパソコンを持っているのを知っていたので、パソコンで書いた方が早いのではないかと聞くと、原稿用紙に手書きで提出する決まりだから、パソコンは使えないのだと言うのです。詳しく話を聞くと、最近学生がレポートの内容をインターネットサイトで調べて、それをそのまま引用、コピー&ペーストで文章作成してしまうので、あえて手書きで提出させる教授がいるのだそうです。また、メールで添付して提出するレポートのファイルを、インターネット上で同じような文章が掲載されていないか、チェックするソフトもあるらしいです。大学側もいろいろと対策を考えているようですね。私が学生の頃は、課題図書の丸写し禁止というのは、レポートの注意事項にありましたが、時代は変わったなと思いました。
家に帰って、現代画報の最新刊を見てみると、「学生の間に蔓延するコピー&ペースト」という記事がちょうど掲載されていました。そのうち、小学生や中学生の夏休みの宿題もコピー&ペーストになってしまったりするのか、と心配になってしまいました。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

新型インフルエンザ | 現代画報

新型インフルエンザがタミフルに耐性があるものが出たらしい(>_<)


弱毒性とか言われても私らみたいに抵抗力ない人が感染したら弱毒性でも大変なことになるんじゃないかなぁ(≧ヘ≦)


しかも、私は今年からインフルエンザの予防接種もうたないで感染した時にタミフルで対応することになったばかりのに、気が気がじゃありません(-o-;)


やはり神経系の病気になっちゃうとインフルエンザの予防接種も危険なんだなぁとつくづく思いますf^_^;


過去2回、インフルエンザの予防接種で脱力し、寝たきり状態になったので1回目の体調が関係してるのではないかという予想も呆気なくひっくり返されましたo(^-^)o


しかも、インフルエンザの予防接種は、11月から12月頭にうつので大晦日まで入院して…ってのが2回も続いたので、今年からはタミフル対応になったというわけです(*^o^*)


タミフルに耐性がつくなんて、直でインフルエンザにかかるってことだもんね(>_<)


予防接種しても毎年のようにインフルエンザになる私は、要注意だな(-o-;)


薬の副作用のために薬を飲み、減らすのがとても難しく…今は、10種類…ここまで減らすのも何年もかかったし、これ以上は減らないかなf^_^;


最近は、サプリメントも取り入れたのでプラス3~4種類になりますが、食事からはなかなかとれないので補うしかないですねo(^-^)o


国際ジャーナル国際通信社
現代画報社
現代画報
報道ニッポン
 
フリーエリア
プロフィール

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。