スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

報道ニッポン|携帯電話サイトの監視

青少年に対する有害サイトを通じた被害の問題は後をたたないが、
このほど携帯電話サイトの健全性を審査する民間の自主規制団体、
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構は、
9月をめどに携帯コンテンツの18歳未満向け閲覧制限を緩和することを決定しました。

今までは少しでも有害情報が含まれればサイトを全面的にアクセス禁止としてきましたが、
今後は大人向けと青少年向けを明確に区別しているサイトは閲覧可能にするとのことです。
これにより、コミックやゲームなどの携帯コンテンツ市場の拡大につながりそうだと見られているようです。

当機構は、携帯電話サイト運営会社からの申請を受けて内容を審査し、
青少年向けかどうかを審査しています。
NTTドコモなどは、この機構の判断に基づき、アクセス制限対象とされたサイトは
閲覧できないようにしているとのことです。

今後は、あるサイトに出会い系やアダルト向けなどの情報が含まれていても、
青少年が大人向けには進めないようにしているなどの場合はアクセスを認めていくとのことで、
青少年はゲームやコミックなどを携帯電話経由で購入しやすくなり、
コンテンツ会社側もひとつのサイトで多様な情報を扱えるようになる見込みです。

どちらにしても、こういった機構がさらに監視体制を強め、
青少年が悲しい事件に巻き込まれることのないよう未然に防止していく必要があります。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト
 

報道ニッポン|ホームページをリーズナブルに作るには?

今の時代は、インターネットが商売のインフラになっていますので、どんな小さ
なお店でも、最低限のホームページが必要であるとよく言われています。一方、
いざホームページを作ろうとしても、一体何から始めていいのかわからない経営
者の方も多いと聞きます。一番多い悩みは、費用の相場がわからないということ
です。もともと知識があまりない方が何かを購入しようとする場合、売る側に
とっては、より自分のサービスを高く売りつけることができる、いわゆる「カ
モ」になってしまいます。こんな時はどうすればよいでしょうか。一番簡単な方
法は、複数の会社から見積もりをもらう事です。ただし、見積もりをもらう場合
には、どのようなホームページを作るか指定する必要がありますね。こんな時は
どうすればいいのでしょうか。これについても簡単な方法があります。自分が作
りたいと思うような、他社のホームページを指定して、「これと同じのを作った
場合」という感じで見積もりを取るのです。そうすれば、同じ仕様によって、各
社の値段の差がわかります。また、自分が作りたいと思っているホームページの
価格がどれくらいなのか、つまり相場がわかりますね。これがホームページ初心
者でも損をしない方法だと言えます。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

報道ニッポン|小室哲也さん、ライブで復帰!

小室哲也さんといえば、今年の5月に音楽著作権の譲渡詐欺で執行猶予付きの有罪判決を受けたことが記憶に新しいかと思います。その小室さんが、東京都田園調布にある味の素スタジアムで、エイベックス主催の「a-nation」といおうライブに出演されたそうです。小室さん自身もかなり緊張したと思われますが、このライブはもちろん判決後初めてのライブで、奥さんであるKEIKOさんとともにglobeの一員としてエレキギターを演奏し復帰。浜崎あゆみさんやTRF、東方神起とともに白いスーツを着用して出演し、約5万人の聴衆に大変迷惑をかけた、ピアノを弾ける県境を作ってくれたこのステージに、そして耳を傾けてくれたみなさんに感謝すると頭を下げ、観客からはおかえり等の声が飛んだそうです。小室さんが事件を起こした時には、悲しいショックを受けたファンも、小室さんの真摯な姿にまた応援しようという気持ちになったようですね。ファンの温かい声援に、小室さんもきっと心から嬉しかったのではないでしょうか?人間は誰でもあやまちは犯すといいますが、小室さんも事件をばねに、また音楽業界で頑張ってくれればなと思いますよね。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

報道ニッポン|衆議院選挙のポイントについて

先日から衆議院選挙も公示となって、いよいよ選挙戦に突入です。暑い日が続き
ますので、候補者の方々は大変かと思いますが、健康管理に注意してこの選挙戦
を戦ってもらいたいと思います。今回の選挙については、自民党、民主党からマ
ニフェストが出されています。日本も、ようやく政策を中心とした選挙戦になっ
てきた感があります。一方、マニフェストの内容については、抽象的な表現も多
いようです。国民にとって耳あたりはよくても、中身がない政策は遠慮してもら
いたいと思います。最近の日本の政治では「○△劇場」なる表現のもと、感覚的に
面白かったり、勢いのあるサイドに人気が集まる傾向があります。マスコミも、
これをあおる風潮があります。最終的には、主権者であり世論を形成する有権者
の判断が問われていると思います。一時の感覚的な判断だけではなく、5年後先
を見据えた、長期的な展望における国づくりのビジョンが、単に政治家だけでは
なく、国民全体に求められていると思います。そのような観点から、今回の衆議
院選挙については注目していきたいと思います。まさに、新しい日本像に対し
て、主権者が問われる選挙ではないでしょうか。それがポイントではないかと思
います。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

報道ニッポン|栃木で帰省中の同級生に美人局!

8月13日、栃木県警足利署は、帰省中の同級生の少年に美人局行為をし、現金を脅し取った恐喝の疑いで、栃木県足利市内の無職の少年たち(19)4人を逮捕したそうです。足利署の調べによれば、少年らは8月10日の午後6時半くらいに、足利市内のカラオケで高校の同級生だった公務員の男性(18)をカラオケボックスに誘い、仲間の17歳の少女と二人っきりになるように仕掛けたのだそうです。そしてその少女が無理やりキスされたと訴える手口で、俺の女に手を出したのか、落とし前をどうつけるなどといって現金約5万円を脅し取ったのだそうです。この公務員の男性も、まさか同級生からお金を脅し取られるとは思っても無かったでしょうが、こんなことで逮捕されて、将来真っ暗になってしまった少年たち。現金約5万円くらい、アルバイトすれば稼げそうなものなのに、と思ってしまいますが、出来心だったのかもしれませんね。少年ら4人はいずれも容疑を認めているそうですが、帰省中の同級生を狙ってお金を騙し取るなんてこと、あるんですね!

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

国際ジャーナル|好調な中国の自動車販売

最近のニュースを見ると、世界的に経済は回復傾向にあるようにも思えますが、
実際のところはどうなんでしょうか。世界経済の動向を確認する上でも、中国市
場における動向は非常に参考になると思います。先日のニュースですが、中国に
おける新車販売が急増してみたいです。中国の工業協会が7日まとめた7月の新
車販売台数によると、前年同月に比べて、60%以上増えているそうです。これ
は中国経済の回復を表す一つの指標といえるのかもしれません。この時期、新車
販売は伸び悩む時期ですが、それでも増加しているところをみると、中国におけ
る消費マインドは、とても熱いものが感じられます。製造業を中心とした中国の
実体経済は、まだまだ強い購買力を持っているのではないかと思います。アメリ
カにおいては、製造業は衰退してきていますが、中国では、これから技術革新も
進んで、益々経済力を強くしていくのではないかと思います。自動車に関して
も、世界のメーカーは中国戦略抜きでは生きていけなくなるでしょう。また、中
国の国産車が今後は世界中に輸出される時代も、そう遠くないのかもしれませ
ん。これからも中国における自動車販売の動向について、注意深くみていきたい
ものですね。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 

国際ジャーナル|ペットボトルのキャップ回収運動について

現代画報の8月号に、国際通信社グループがペットボトルのキャップ回収運動をしていると載っていました。
私もペットボトルのキャップ回収運動に参加しています。
実を言うと、つい最近までペットボトルはリサイクル回収に出していたのですが、キャップは捨ててしまっていました。
しかし、少し前に友人から近所のイオンでペットボトルのキャップの収集運動をしていると聞いてからは、家で飲んだペットボトルのキャップを集めて持っていくようにしています。
イオンでは、「ペットボトルキャップで世界の子どもたちに笑顔を!!」というキャンペーンを行っていて、集められたペットボトルのキャップは、ポリオワクチンや栄養給食、文房具に形を変えて世界の子供達に届けられています。
ペットボトルのキャップ2000個で一人分の支援ができるとのことなので、普段あまりペットボトル飲料を飲まない私の集める数で支援できるのは微々たるものですが、捨ててしまえばただのゴミになってしまうので、忘れずに洗って取っておくようにしています。
また、イオンでは毎月11日に「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」というのも行っていて、買い物をしたレシートを、ボランティア団体などの箱に入れると、購入金額の1%がその団体に品物として寄贈する取り組みもしています。
月に一回なのでつい忘れてしまうのですが、今月は行ってキャンペーンに参加したいと思っています。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。