スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

# 報道通信社の対談取材を掲載 同級生を刺した女子高生の言い分

物騒な世の中になっているのはみんなが気付いていることですが、日本の学校生活も荒れまくりのようですね。というのも、横浜の私立清心女子高校で、高校1年の女の子(15)が授業中に腹を刺され意識不明の重体となった事件で、殺人未遂で逮捕された同級生が、港北署の調べで、「『きもい』などと友達の悪口を言われた」と被害者の女子生徒に対する不満を述べていることが6月16日に分かったそうです。清心女子高校の話では、2人は入学時からクラスで隣の席だったそうで、5月末に席替えが行われた際、再び窓側の一番後ろの隣り合った席になったのだそう。そしてこの二人、カーテンの開け閉めをめぐってトラブルとなったことがあり、この女子生徒は担任に「もう一度席替えを」と要望していたそうですよ。被害者の女子生徒のことは憎くて、怪我をさせてやろうと思っていたのだそうで、この二人が隣同士の席に座り続けたことで余計に嫌悪感などに拍車をかけたみたいですね。ただ、女性とを刺した容疑者の同級生は、事件後は特に動揺した様子もなく、きちんと食事もしているそう。これって、精神的にどうなのかなとも思いませんか?刺されてしまった方の生徒は、集中治療室で意識不明の重体の状態だそうで、6月15日には止血のための手術が行われたものの、再手術の可能性もあるそう。刺された凶器は刃渡り約12センチの果物ナイフのようなもので、右脇腹に根元まで刺さっていたのだそうですから、殺意が深いものだったようですね。
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
ぱんだの国際ジャーナル 国際ジャーナル|人と企業をつなぐ国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)
スポンサーサイト
 

現代画報社の現代画報の特集記事 日本の食糧自給率

日本の食糧自給率が低いのは、前から話題になっていますが、最近は海産物など
について、中国や韓国のバイヤーが世界中から調達をするために、日本の商社が
買いつけできない事態も起こっているそうです。食料の自給については、世界中
からより安くて高品質の食材を輸入すればいいという議論もある一方、日本の安
全保障の観点から、輸入に頼らない自給率の向上が必要であるという意見もあり
ます。しかし、食料自給率は簡単に上げることはできません。まず、日本の農業
政策の見直しは当然ながら必要ですが、単純に農家へ補助金を出せば済むという
簡単なものではありません。食料については、肉を食べる場合には、飼料が必要
となります。肉は非常にコストがかかる食材です。飼料を輸入するのをやめる
か、家畜の餌につかうのではなくて、人間の食品用に使うことも考える必要があ
ります。しかし、飽食とまで言われた日本人が、今までの食生活を簡単に質素な
ものへ切り替えることは非常に難しいと思います。まさに発想の転換が、国民の
意識として高まってこないと、単なる政府の政策だけでは、食料自給率の向上に
はつながっていかないのではないかと思います。報道ニッポンなどの特集でも、
食料に関しては深く掘り下げて欲しいところです。







国際ジャーナルから発展して
占い日記 国際ジャーナル|人と企業をつなぐ国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)
 

現代画報社の現代画報の特集記事 岡村隆、体調不良

いつも元気で多忙なイメージのナイナイの岡村さん、どうやら体調不良のようですよ。岡村さんも、人間ですからね~!なんでも、6月16日から渋谷PARCO劇場で開幕予定だった、自身初の一人舞台「岡村隆史 おひとりさま公演「二人前」」を体調不良で延期せずにいられなかったのだとか。そのことを6月10日の深夜、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』に生出演して、番組冒頭に「勝手なのですが、延期ということになり本当に申し訳ございません」と謝罪したそうです。岡村さん、今回の体調不良に関しては、自己管理の問題で、体が舞台においついてなかったと話し、ただし体調不良に関してはもう大丈夫と何度も繰り返していたのだそう。相方の矢部さんは、舞台の稽古に入るまで映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』の撮影やPRのために、岡村さんが全国を飛び回っていたからではないかといったようですが、岡村は即座に「それは別なので…、いわゆる“過労”なんですけど、本当に申し訳ないと思っています」と話し、チケットを購入してくれた人に本当に申し訳ないことをしたと謝りまくりだったようです。気になる舞台について、いつ上演するのか決まっていないようですが、必ずその舞台をやらせていただきたいと思っているとコメント。頑張るしかなさそうですね~、岡村さん。
報道ニッポンとの巡り合い
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報 現代画報│地域と共存共栄する企業の在り方を探る国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)
 

現代画報社の現代画報の特集記事 「ラスク」という食べ物

「ラスク」という食べ物をご存知でしょうか。今、この「ラスク」が注目されているそうです。

関西のベーカリーや洋菓子メーカーが新製品を発売し、ラスク専門店も誕生したそうです。
老舗のみそ店が10年前に売り出した商品もじわじわと売れているとのことなのです。

この「ラスク」とは、薄く切ったパンの上に、卵白と粉砂糖を泡立てたものを塗って焼いたお菓子の
ことです。余ったパンを使うことも多かったそうです。が、今では材料の工夫や記事の改良で様々な
味や食感が生まれ、価格が安く手軽に食べられることもあり、幅広い層に受け入れられているようで
す。

ある有名なベーカリーショップでは今年10月末に2枚入り168円などのラスクを発売しました。
小麦の全粒粉や蜂蜜を使用した生地は、ホロホロと崩れるような食感だそうです。レーズンやナッツ
をちりばめて甘さも控えめだとか・・・。
そして別のベーカリーショップでは、10個入り525円などのラスクが販売されています。このラスクは
パンの代わりにスポンジケーキを焼いたもので、サクサクとした軽い食感が人気を集めています。

また、昨年11月にはラスク専門店が登場しました。この専門店では、小豆やきな粉、黒ゴマなど
和素材を使った商品にも力を入れています。約20種類あり、5枚入りで150~350円。

この「ラスク」は見た目はとてもシンプルなように思うのですが、サクサク感やほどよい甘さは
私も大好きです。あまり買う機会がなくなってしまいましたが、今後機会があればぜひ購入したい
と思っています。




国際ジャーナル文芸批評
ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 国際ジャーナルは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
 

現代画報社の現代画報の特集記事 コンビニの新サービス

最近のコンビニエンスストアのサービスについては、単に商品を販売するだけで
はなくて、銀行機能、宅配便の発送、ネットで注文した商品の受け取りなど、様
々な機能が増えてきています。こんなコンビニ業界ですが、また新たなサービス
が始まりそうです。コンビニ業界最大手であるセブンイレブンですが、2010
年2月から、住民票の写しや印鑑登録証明書などの行政サービスを代行
しています。対象の自治体は、東京都渋谷区、三鷹市、そして千葉県の市
川市です。これは、普及してくると住民にとっては非常に便利なサービスです。
まず、役所のあるところまで行く時間と交通費が節約されます。
また、コンビニが開いている時間であれば、休日でも深夜でもサービスを受
けることができます。この3自治体における取組みがうまくいけば、今後は他の自
治体にも同じサービスが広がっていくのかもしれません。また、セブンイレブン
以外のコンビニも、当然ながら参入していくると思います。納税者にとってはウ
エルカムな話だと思います。









bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
報道ニッポンの飛躍 国際通信社の発行する国際ジャーナルでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

国際通信社グループの報道ニッポンの対談取材 マルチビタミンのサプリ

私も最近マルチビタミンのサプリを飲むようになりました。本来食事から採るべき栄養素なのですが、どうしても三食きちんと栄養を考えて作ることは難しく、食べる時間なども乱れがちです。もう30歳過ぎて若くもないので、あちこちがたがきているのも事実で、特に今年は店を始めたストレスなどもあったのか、初めてひどいめまいに襲われたり、アレルギーで病院に通っていたりと、いろいろなことに悩まされました。昔は寝ないで朝まで起きていても平気だったのになぁと昔を思って切なくなることもありますが、年をとることは仕方ないわけで、どうやって少しでも健康を維持していけるかを考えることが大切です。
株式会社H&Wで、科学的根拠に基づき開発された血行促進と代謝アップのための補助サプリ「血巡り美人」。冷え、肩こり疲労感、いらいら、肌のかさつきなどの女性に多い症状に効くサプリのようです。このサプリはショウガやカテキン、マカなどの様々な成分が短期から長期的に渡って効くように調合されているようです。女性は特にホルモンのバランスなどによって、冷えや肩こりなども起こります。辛い症状をずっと抱えていくよりは、サプリを毎日飲んで、改善に努めた方が利口な気がします。
サプリが出始めたころはまだ、そんなクスリで栄養分を補うなどは邪道だという意見も多数聞きましたが、ここ数年ですっかり健康補助食として見直されてきました。あくまで三食きちんと食べた上の補助として用いるように気をつけたいものです。この記事を読んで、昔テレビで食事をとらずにサプリだけで生きている大学の教授かなにかをドキュメントで追っていましたが、今どうしているのだろうとふと気になりました。あくまで、補助食ですからね。

国際ジャーナル、報道ニッポン、現代画報
国際ジャーナルに掲載 現代画報 (地域を育む人と企業、時代と人をつなぐスペシャリスト、職人 地域で活躍する職人たち~、地域医療に貢献する ドクター訪問、美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店、心のふるさと~社寺めぐり~)
 

報道通信社の報道ニッポンの対談取材 スイカが盗まれた

6月6日午前8時15分頃、茨城県のあるビニールハウスで、小玉スイカ1200個、値段にして
約72万円相当が盗まれているのを栽培農家の48歳男性が発見し、110番通報したそうです。
警察は窃盗事件として調べているということです。

警察の発表によると、20棟のビニールハウスのうち、3棟でスイカが刃物のようなもので
茎から切り取られていたといいます。除草剤の散布をしに来た男性が被害に気づいたとい
うことなのです。
スイカは6月20日頃に出荷する予定だったそうで、男性は「今までに何個か盗まれたことは
あったが、ここまで大量に盗まれるのは初めて」と話しているということなのです。

テレビや新聞で、農家の人たちが手を掛けて作った食物が盗まれるという事件を時々目に
します。「もう少しで出荷できる」と楽しみにしていた農家の人たちの気持ちが崩れてし
まうという、非常に辛い事件だと私は思います。

今頃、盗んだ人はどのような思いをしているのでしょうか。何とも思っていないのでしょう
か。毎日毎日頑張って育ててきたスイカを、あっという間に盗んでしまうという悪質なこと
をして涼しい顔をしているのかも・・・と思うと、腹がたって仕方がありません。
72万円分ものスイカというのは、相当な量でしょう。どのような方法で盗んで持っていった
のかは分かりません。これからの季節、暑くなりスイカが美味しく感じられる時期です。
多くの子供たちも好物な食べ物でしょう。
どんなことでも、悪いことをすると必ず自分に返ってくるといいます。
きちんと罪を償っていただきたいですね。


oscar.coresv.com
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社 国際ジャーナル|人と企業をつなぐ国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)
 

国際通信社グループの現代画報の特集 評判のニット

オバマ米大統領婦人が、ニナ.リッチのニットカーディガンを
着用していて大人気だったそうだ。
素材には、南アフリカ、アンゴラ山羊から微量しかとれない
モヘアを原料にして作った高級極細ニット糸が使われているらしい。

この高級モヘア糸を製造したのが、山形県寒河江市の
砂糖繊維という会社だという。
この会社のニット糸はシャネル、イブ・サンローラン、など
一流ブランドにも納められ、物作りに対する情熱が
新たな糸の生産法などを見出しているというから
その姿勢に対する賞賛のように感じる。

着用のカーディガンは、世界中が期待する中大統領就任式でも使われ、
ニットのステータスをあげるのに、
あきらかに一役買ったのだろう。


報道ニッポンとの巡り合い
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報 報道通信社の発行する報道ニッポンでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

現代画報社の現代画報の特集 未解決のまま

基地問題、高速道路問題、等々、未解決の問題を数多く残したまま、
鳩山首相が辞意表明。
時を同じくして、小沢幹事長も辞意表明。
色々な憶測が流れています。

政治家の考えることはわかりませんが、
またしても、国民不在、の感が拭えません。

希望と理想に燃え、政権奪取したものの
現実の政治は、机上の空論とは勝手が違ったのでしょうか。
まだ、若い政権、つまづいたり、学びながら、進んでいくことは
国民も、ある程度、致し方ない事と思っていたとおもうのですが・・・

予想以上に政権の力のなさを露呈させた鳩山首相だったような気がします。

沖縄基地問題の解決もみず、また政治家は一人をスケープゴートにしただけで、
全てを丸く納めてしまうようで、
やっぱり、あくまで政治家同士の政治ゲームに過ぎないような気がします。

一体、いつになったら、国民の為の政治ができる政治家が
主導権を握って、国を引っ張ってくれる日がくるのでしょう・・・




現代画報の日々取材
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々 報道通信社の発行する報道ニッポンでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

現代画報社の現代画報の特集 「勇気」あるプレー

「勇気」
これがなければ、盗塁はできません。



私も少年軟式野球・中学野球部と見てきて10年近く、

そして現在も見守り続けています



「勇気」



本当にそうだと感じます。



中学野球・・・



「勇気だよ!勇気!!お前なら行かれる!!!

あと、一歩、一歩前に出ろ」



塁に出た選手に、掛けられる言葉。

言われた方は、あと一歩とはわかってはいても、

あと一歩前に出たら、盗塁が成功しそうな予感はしても

その一歩が怖い。



ここで牽制され、アウトになったら・・・



「行け、GO!」



盗塁を促されても、判断に鈍る。

その、判断を一瞬遅らせてたら、待つのはアウト・・・



的確な判断、そして最も重要なのは、判断したら即実行できる、



「勇気」



野球は誰でもできるスポーツ。



背の高さだって、関係ない。



野球は、それぞれが、それぞれにあったポジションを

皆で守り、そして、一人でバッターボックスに立ち、

己にのみ与えられたプレッシャーと戦う。



野球は、個人であり団体プレー。



最終回裏の攻撃、2アウト満塁・・・

バッターボックスは自分。

良いボール、甘い球が来るのを、いつまで待てるかも「勇気」

後がなくなった時に、打つのも「勇気」

そして、その試合が終わる・・・



それが、その時の最高のプレーだったから・・・[



勇気をもって・・・

国際ジャーナル通信
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 報道ニッポン。地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事
 

現代画報社の現代画報の特集 無料のゲームサイト

国際通信社から発行されている雑誌にも「携帯電話」に関する記事が載っていたように思うのですが
今や携帯電話は「誰もが持っている」と言われるほどになりました。
子供から大人、そして高齢者と呼ばれる人も持っているのではないかと思います。

携帯電話で「無料で遊べる」などとうたっている携帯ゲームサイトで高額請求が相次いでいる問題が
起きているようです。

特に、小学生が親の携帯電話を使ってトラブルになるケースが目立つようです。
年齢別に見ると、未成年社は約4割の110件で、小学生の51件が最も多かったそうです。「小学低学年
の娘に自分の携帯電話でゲームをされていたら10万円の請求書が届いた。娘はゲーム上でアイテムを
購入していたが、本当のお金がかかるとは知らなかった」などと、小学生が現実とゲームの金の区別
がつかないケースもあったようです。
国民生活センターには2年前から「無料」ゲームに関する相談が増え始め、年100件前後寄せられてい
たそうですが、今年度に入って件数が3倍近くに急増しているようです。

私も携帯電話を持っていますが、通話とメール、カメラ撮影以外のことはしません。「無料」という
言葉につられて長時間ゲームをしたり、ゲーム内で様々な機能を使うと大変なことになるのだ、と
理解した上で利用しなければなりませんね。




dolce.cms.am
マッサージ 大阪 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。
 

国際通信社グループの国際ジャーナルから 競馬会におけるグローバリズムの影響

日本中の競馬ファンの注目を集めた第77回ダービーは、伏兵のエイシンフラッ
シュが勝利を収めています。この馬に載っていたジョッキーは、地方競馬出身の
内田騎手です。地方競馬出身のジョッキーがダービーを勝つのは、安藤騎手以来
二人目の快挙です。最近の中央競馬では、地方競馬出身のジョッキーが大活躍し
ています。また、外国から短期免許をとってやってくる外国人ジョッキーも、大
きなレースで活躍しています。いままでと違って、中央競馬会も開放政策をとる
ようになってきた成果が現れてきたのではないでしょうか。一方、若手の騎手な
ど、まだ実績が少ない騎手にとっては、ライバルが増えることになりますから、
生き残りに必死です。事実、馬主にとっては実績のある騎手に乗ってもらいたい
という希望がありますから、馬を預かる厩舎としても、若手の騎手よりは、馬主
の意向を優先することが起きています。これは経済におけるグローバリズムと似
た構造があります。国際ジャーナルではよくグローバリズムについての海瀬つが
載っていますが、競馬の世界も例外ではないようです。いずれにしても、地方競
馬からやってきて、自らの夢を実現した内田騎手はほんとうによかったと思います。





現代画報の日々取材
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
 

国際通信社グループの国際ジャーナルから 人類の遺産

世界遺産という言葉は随分世の中に浸透していると思いますが、危機遺産という言葉はあまり耳にしないかもしれません。世界遺産に登録されたにもかかわらず、武力紛争や自然災害、都市開発や観光開発などで、消滅したり破壊される危険、遺産としての価値が損なわれる危険がある世界遺産は、危機遺産リストに入ります。国際ジャーナルでは、世界遺産が人間によって損なわれることへの警鐘を、そして人間と世界遺産との共存を訴えています。例えば、1980年代ではエルサレムの旧市街はパレスチナを始め周辺国との紛争によりいつテロの被害に遭うか分からないという理由で危機遺産に、バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群はタリバンによる破壊行為により2003年に危機遺産に、エクアドルのガラパゴス諸島は観光客増加による環境悪化でリスト入り、カリブ海の宝石と言われるベリーズにある珊瑚礁保護区は過度の
開発による環境悪化で去年危機遺産リストに入りました。危機遺産リストの中には人為的な理由のものが多いです。とはいえ、人の手で守らなければ失われてしまう世界遺産もたくさんあるでしょう。世界遺産を公開することによって、これを守ろうとする意識を人々に持ってもらうのは、世界遺産の存在意義でもあります。人類の遺産であるという共通認識が、世界遺産という枠を超えて、紛争解決の糸口になるかもしれませんね。



ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
見聞国際通信社 現代画報は人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
 

国際通信社グループの国際ジャーナルから インターネット動画配信による新しい企業の動き

インターネットの活用については、最近も新しい動きがどんどんでてきていま
す。ツイッターやブログなどのインターネットメディアですが、単に個人が情報
を出すだけではなくて、最近では企業も情報配信に活用するケースが増えてきて
います。特にネット中継映像を楽しむユーザーが、最近のインターネットでは増
えていると思います。これはいままでチャットをしていた代わりに、ユーチュー
ブでビデオを公開するような形になってきたのかもしれません。国際ジャーナル
でも、その辺の新しい動きについては調べてもらいたいところですね。ある企業
では、自社のイベントの模様を伝えるためにインターネット動画を活用していま
す。使い方はいろいろですが、ライブ中継システムにユーストリームを使ってい
るケースが一般的になってきているのが特徴かもしれません。ユーストリームは
ウェブカメラとネット環境があれば、誰でもライブ中継ができるサービスですか
ら、とても手軽に情報をインターネットで配信することが可能です。一般ユー
ザーだけではなくて、ソフトバンクなどは投資家向け説明会を、このユースト
リームで公開する試みも行っています。これからのインターネット動画配信につ
いては、面白くなってきそうですね。





経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
trip.bulog.jp 現代画報 (地域を育む人と企業、時代と人をつなぐスペシャリスト、職人 地域で活躍する職人たち~、地域医療に貢献する ドクター訪問、美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店、心のふるさと~社寺めぐり~)
 

現代画報の特集記事 野党から首相退陣の火の手があがる

沖縄におけるアメリカ普天間基地の取り扱いについては、鳩山政権の終わりをつ
げる第一歩になるのかもしれません。最近のマスコミのニュースをみていると、
そのような気持ちになってきます。この件について国際ジャーナルではどのよう
に解説してくれるのか楽しみがあります。社民党の党首である福島消費者相罷免
については、野党である自民党からも批判の声が上がっています。これはどのよ
うな批判なのでしょうか?自民党の石破政調会長によると、辞めるべきは福島氏
ではなく首相であるという考え方の模様です。これには一理あるかと思います。
また、石破氏は社民党は連立を離脱すべきだとの考えを、マスコミに対しても
語っています。おなじく自民党の大島幹事長についても、首相の責任は選挙で国
民に問うべきであると述べています。自民党としては、ここで一気に解散に追い
込んで、再び勢力を取り戻そうという考え方があるのではないでしょうか。自民
党以外の政党からも、鳩山首相の退陣を求める声が上がっています。もともと国
民の大多数の支持によって誕生した政権ですが、その支持率は目もあてられない
ほどに落ち込んでいますから、これからは鳩山首相も、自らの身の振り方を考え
る必要がでてくるかもしれませんね。





trip.bulog.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ 国際ジャーナル|人と企業をつなぐ国際通信社の月刊経営情報誌(対談取材記事・時事コラム)
 

報道通信社の報道ニッポンより ブログを利用する愉快犯

誰でも簡単にブログが作れて、いろいろな思いを語れる現代。そんなブログを利用する愉快犯が、最近増えているそうです。こういった愉快犯がするのは、芸能人や著名人の名前を使ってブログを始めてしまうというもの。愉快犯が、芸能人の方や有名な方の名前で本人になりすましてブログを書いているそうですが、インターネットの情報をそのまま信じてしまってはいけないのかもと考えさせられちゃいますよね~。被害に遭われている方といえば、例えば小室哲也さんやサイバーエージェントの藤田社長、またタレントの出川哲郎さんなどだそう。出川さんの場合は、別人が書いているような内容だったけれど、プロフィールでは出川さんの写真を使用していたそうで、一般の人から見れば出川さんがやっているブログと勘違いされても仕方がないような内容だということです。その他にも、数名の芸能人の方や有名人の方の名前で、愉快犯がブログをやっているそうですよ!なんでも、こういった愉快犯の人は、ヒーロー気分が味わいたいのだとか。確かに、インターネットのブログ上では、本人か本人じゃないかなんてわかりにくいですしね、バレないかもしれませんよね。有名サイトでは、本人かどうかの認証システムを導入するようです。

現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル批評 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
 

国際通信社グループの現代画報 仕事の進め方についての考察

ビジネスマンにとって、仕事の進め方はとても重要なスキルだと思います。この
点については、報道ニッポンでも深く分析してもらいたいですね。どんな仕事の
進め方がいいのでしょうか。まずはやるべきことをちきんと紙に書くのが大事だ
と思います。記憶で覚えておくことが多いと、思い出すのに費やす時間も増えて
いきますから、ついつい忘れてしまうことがあるかもしれません。ですから、紙
に書いておくのはそれを防ぐためにも必要なことだと思います。やり忘れを防ぐ
には、面倒でも書いておきましょう。また、仕事の管理で重要なことは、モレな
くやるべきことを管理することです。ほかにも、すぐにできることはその場でし
てしまう、というポイントもあると聞いたことがありますが、これは人それぞれ
かもしれません。仕事に余裕がある場合はいいですが、次から次へと仕事が入っ
てくる場合は、すぐできると思っても忘れてしまう可能性がありますから、やは
りケースに応じて、仕事のやり方は考えていったほうが良いと思います。細かい
点かもしれませんが、仕事の進め方をもう一度考えてみると、いままで以上に効
率よく仕事を進めることができるかもしれませんから、ぜひとも取り組んで見て
ほしいものです。





報道ニッポンへの思い
現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています
 

国際通信社グループの現代画報 国際サッカー評議会、PKのルールを厳格化。

5月18日、サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)は、スイスのチューリヒで会合を開いたそうで、ワールドカップの南アフリカ大会から、PKでのフェイントについてルール適用をより厳格にすることを決めたそうです。なんでも、PKを蹴る直前に止まるといったフェイントは反則とみなされるようになるそうで、イエローカードになってしまうよう。ここで「やばいかも?」と言われているのが、日本代表のMF遠藤保仁さん(30)の通称、“コロコロPK”。日本代表戦でもPKキッカーを任されることが多いそうで、その遠藤さんの必殺技が「コロコロPK」という、ゆっくりとした助走からゴールキーパーの動きを最後まで見極めて、シュートを入れるというもの。遠藤さんはフェイントは入れていないそうですが、女装の時にスピードが落ちるときがあるらしく、これがフェイントと取られるかも?なんでルールを厳格化することになったのかというと、最近ブラジルでPKを蹴る時にフェイントをかけるのが横行しているからだとか。確かに、フェイントをかけられたら、キーパーは飛んじゃいますよね~。どーなるのか、次回のワールドカップ。PK戦にならないことを祈るのみかな。

国際ジャーナルで扱う詐欺問題
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki
 

報道ニッポン 報道通信社 アウトレットショップ

近所にアウトレットショップがオープンした。
このアウトレット、自身も利用はするものの結局何なのかと問われるとはっきりと
“こう”とは答えられない。
で、調べてみた。アウトレットの意味は「放出品・はけ口」だそうで、
ふむふむと納得する。

これは全くの私見だけれど、アウトレットで一品に出会う確率は結構低い。
それでも根気よく探していけば、これならというものに出会うのも事実で、
膨大な時間を使っては発掘作業に精を出している。
そうなると発掘作業に費やした時間と労力に照らし合わせた場合、百貨店などで
新作を定価で買うのとどちらが安いのかは正直疑問に思えるけれど、発掘の末に
一品を手に入れた後の達成感は実に爽快で、やめられない。

でも、改めて考えてみるとアウトレットショップが登場する前、こうした商品は
どこへ消えていたのかが疑問に思えてくる。あるお菓子メーカーのアウトレット
商品として、型崩れしたカステラが売りに出されていたけれど、生産工程で
こうした商品が出ないはずはなく、他のメーカーの事まで考えていくと一体1日
どれほどの量の商品が人知れず消えていっているのかと思ってしまう。
そして、そのロスが正規価格に上乗せされているとしたら・・・。

着実に一般家庭の生活水準が下がり続けている今、こうした視点でものを見直してみると
私達の暮らしはまだまだ考えるべき点が多くある。

国際プレス 国際ジャーナル 国際通信社
現代画報を再発見 wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています
 
フリーエリア
プロフィール

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。