スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 サマージャンボ宝くじが発売

7月7日の七夕に、1等と前後賞をあわせて3億円があたる「サマージャンボ
宝くじ」の発売が全国一斉に始まりました。抽選日は8月10日だということ
です。この日、東京のある宝くじ売り場では、売り出し開始の午前8時半まで
に、億万長者への夢切符を買い求める約850人が長い列を作ったのだそうで
す。

新聞記事によると、当選本数は1等が33本、2等が99本だということです。
「もし当たったらどのように使おうか」と思う人が多いでしょう。
ある男性のインタビューでは「子供に家を買ってあげて自分の家も建て直したい」
と話していました。
今、「不景気」だといわれています。「不景気」に関する記事が以前に雑誌「現代
画報」でも紹介されていたように思いますが、不景気だからこそ「大金を手にしたい」
と思う人が増えているということを以前のテレビ番組で目にしました。
確かに宝くじを購入しただけで大金が手に入るというのは、本当に夢のような話
だと思います。その夢を買う人が増えているというのは、素敵なことなのでしょうか。
このように言っている私ですが、おそらく私の主人も購入したい・・・と考えている
ことでしょう。購入日は、運の良い日にしなくてはなりませんね。


nownews.bex.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年9月号のご案内 | 報道通信社
スポンサーサイト
 

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 こんにゃくゼリーの窒息死。

2006~08年に救急搬送された約4千件窒息事故のうち、こんにゃくゼリーが原因となった事故の85%が命の危険のある「重症」以上だっという結果報告が出たそうだ。昔からこの問題は何度も何度もメディアでも取り上げられているのに、なぜ一向に改善しないのであろうか。
確かに30代の私でも喉つまりしそうになった経験がある。お年寄りや子供では飲みこめない可能性は高い。子供だったら親が少しくだいて与えればいいと思う。一人暮らしのお年寄りなどは問題であるが・・・。
そして何年もこの問題が繰り返し起こっている割には、企業側の改善はあまり見られないような気がする。最近は食べていないので、あまりよくわからないのであるが、器を小さくしたりということは行われていないのであろうか。販売停止になってもおかしくないくらいの窒息事故が起こっているのであるから、国の指導が入っても良いと思うのだが。
政府の食品安全委員会は「アメと同程度の事故頻度」としたリスク評価をかなり上回る結果が消費者庁からは上がっているそうであるから、これはきちんと考えて、無駄な死亡事故を減らしてもらいたいものである。
こんにゃくゼリーを食べて死んだなんて、かなり家族はつらいと思う。

現代画報 取材
books.weblog.vc
 

国際通信社グループの現代画報の対談取材 消費税増額における菅首相の案とは?



消費税の増額に関する議論については、これからます ます盛んになってくる予
感がします。これについては、国際ジャーナルでも充分なデータ分析をしてもら
いたいと感じています。菅直人首相につい ては、参議院選挙に対する演説の中
で、消費税率を引き上げた場合の低所得者への負担軽減策を示しています。これ
はどのような内容かというと、 年収300万円程度を下回る人に税金を全額還
付するというものです。このような方式は実行可能なのでしょうか。あくまで検
討レベルという事で すが、これからの議論になりそうな気がします。そのほか
にも食料品などの生活必需品にかかる消費税率を低く抑えるという案も示してい
ます。低 所得者にとっては、まさに必要な政策かもしれません。しかしなが
ら、具体的なシステムの話については、これからの議論になってくると思いま
す。この菅首相の演説には、消費税を増額することに賛意をしめしている野党へ
のアピールも含まれているのかもしれません。特に自民党では消費 税増額を公
約としていますから、これからの政局においても、大きな論点になりそうな気が
します。いずれにしても、消費税をめぐるこれからの政 局については、目が離
せないところではないかと思います。




経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
gourmet.gob.jp
 

国際通信社グループの現代画報の対談取材 消費税をめぐる国民的な議論を望む



毎日暑い日が続きますが、この夏に行われる国政選挙 も、日本の将来にとって
非常に重要な意味を持つのではないかと感じています。国際ジャーナルでも、こ
の選挙に対する結果分析を、より多角的に 進めてもらいたいところですね。選
挙は各政党にとっても政策を論じる格好の機会ではないかと思います。各政党
は、税制改革や成長戦略、外交な どの論点を有権者に分かりやすく示してもら
いたいところです。例えば消費税についてですが、消費税アップの理由について
の明確な説明を求めた いところです。単なる感情論ではなくて、日本の将来を
見据えた議論が望まれるところではないでしょうか。消費税率10%への引き上
げについて は、自民党も公約にしています。民主、自民の2大政党が、国民に
負担増を求める政策で足並みをそろえるのは、ちょっと異例かもしれませんね。
増税は選挙にマイナスとのイメージがいままではあります。消費税アップを公約
したために政権がとんでしまった例もありました。今回は、それだ け国家財政
が危機的状況にあるという象徴的な出来事なのかもしれませんね。選挙において
は、国民の判断が下されますが、この消費税のアップに ついてもどのような審
判が下るのか注目したいところですね。




国際ジャーナル
報道ニッポンへの思い
 

国際通信社グループの現代画報の対談取材 人の死。

昨日、人生で初めてお通夜に参列した。以前の職場でとてもお世話になり、良き先輩であり、友である方が39歳という若さで亡くなった。癌とずっと戦っていたという。そんなこと知らずに、いつも彼女に甘え、頼ってばかりの自分を責め、眠れない夜もあった。この年にして初めてのお通夜が親戚でもなく、友人であったのが、どうなのかはわからないが、幸せな人生なのだろうと思った。
多くの方が訪れていた。彼女は本当に優しく、常に人のことを優先して考える人だった。職場も仲間たちはみんなひどい顔で泣いていた。お世話になったこと、一緒に楽しく飲んだこと、思い出がどんどん湧き出てきて、私も涙が止まらなくなった。
人の死に接したのはこれが二度目である。一人は祖父。しかし仕事で葬式もいけなかった。人の死が周りの人に与える影響というのはこれほどに大きいものなのかと思わされた。一人残された旦那様はどれほど苦しいであろう。ご家族のことを思うと胸が痛む。
簡単に殺した、自殺した、とニュースに事件が踊る。しかし、その陰にはとても苦しい思いをしている人、泣いて眠れなくなる人がいるのだということを痛感した。そして、自分の命の大切さにも改めて気づかされた。すべての人に感謝をしながら生きていかなければならない。

現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル経済白書
 

国際通信社グループの現代画報の対談取材 クィディッチショップ

ユニバーサル・スタジオ・オーランドがフロリダにオープンしたハリー・ポッタ
ーのテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」(The Wizarding World of
Harry Potter)。

テーマパークで気になるのはなんといってもアトラクションですね。
ハリポタワールドのアトラクションは、「ハリー・ポッターと禁じられた旅(Ha
rry Potter and the Forbidden Journey)」「ヒッポグリフの飛行(Flight of
the Hippogriff)」「ドラゴン・チャレンジ(Dragon Challenge)」から構成さ
れるそうです。

ハリーが魔法使いの修業をするホグワーツ城もバッチリ建っており、作品に登場
するホグズミード村も再現されているそうですよ。

全作品を通じて、魔法界の花形スポーツ、クィディッチが登場しますが、主人公
ハリーはこのスポーツの中心選手。このクィディッチ用品が実際に変えるショッ
プもあるそうで、本当にワクワクしますね。ぜひ行きたい!と思ってしまいます


現代画報」の2010年5月号の記事に「魅力的なテーマパークのあり方とは?」
とありましたが、こちらは間違いなく近年では最高に楽しそうなテーマパークの
登場!と思ってしまいました。




opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い
 

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 消費税アップに対する国家的な議論を望む

菅首相が誕生してから、にわかに消費税の議論が活発になってきています。消費
税アップについては、その必要性はある程度認識されながらも、政権を終わらす
危険性があるとして、どの政権でも表立った議論はしてきませんでした。国際
ジャーナルでも、この消費税アップをめぐる政局の経緯について、しっかりとし
た背景を説明してもらえると助かりますね。菅首相が提案している超党派協議に
関しても、詳しい解説が欲しいところです。自民、公明両党は民主党がまず昨年
の衆院選公約での重点政策の誤りを認めるよう求めているそうですが、他の野党
はどうなんでしょうか。各党が現時点で首相の提案と距離を置くのは選挙戦略と
して当然かもしれませんが、日本の国益を考えて、もっと本質的な議論を展開し
てもらいたいところです。経済成長と両立させつつ危機的な財政を立て直し、持
続性のある社会保障制度を確立することは、国家的な課題であるというのが、
もっとも正しい論調ではないかと感じます。消費税アップの議論を前進させるに
はどうすればいいのでしょうか。これには、民主党が所得税や法人税も含む税制
や社会保障の全体像を示す必要があるのかもしれません。社会全体のバランスを
考えながら、充分に検討してもらいたいところですね。




fashiondc.xrea.jp
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
 

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 最低賃金の引き上げについて考える

最低賃金の引き上げについてはどのように考えればいいのでしょうか。この問題
については充分な情報収集と共に、バランスのとれた議論が必要ではないかと思
います。国際ジャーナルなどのマスコミにおいては、感情的な論調に流されない
ように、充分に検討をしてもらいたいところです。民主党政府は新成長戦略に、
働けば少なくともこの額はもらえるという最低賃金の引き上げを明記していま
す。これはなんでしょうか。マスコミによると2020年までのできる限り早い
時期に、最低賃金を時間あたり800円まで上げ、全国平均で1000円をめざ
しているそうです。しかしながら、地域においては経済格差がありますので、全
国一律というのは大きなハードルも予想されます。特に中小企業に対する影響が
心配です。人件費が急に増えることによる企業経営の悪化に対しては、充分な検
討が必要です。それが結果的に雇用を減らすことになっては意味がありません。
現在、全国平均で時間あたり713円というのが最低賃金の相場です。しかしな
がら、東京や大阪に比べると、相場が低い地域は現時点でも存在しています。政
府においては、国民の生活も考えながら、経済に悪影響を与えない舵取りを期待
したいところです。




国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
現代画報を再発見
 

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 日本とアジアの新しい歴史

日本という国は、長い歴史を持つ国です。これは諸外国からも認められているの
ではないかと思います。国際ジャーナルでも、日本の歴史については、これから
も取り上げてもらいたいところです。特に明治維新や戦後という大きな変革が、
日本の近代史では重要です。そのような時代を経て、日本は国のかたちを大きく
変えてきたといえます。今、日本は新たな変革を迫られているのかもしれません
ね。なんといっても、外交関係では日米同盟を基軸とした、新しい戦略が必要に
なってきています。特に、日本と地理的に近いアジア諸国との連携を強化するこ
とが重要だと思います。アジアにおける人やモノの交流を活性化させるのがポイ
ントですね。経済の活力を国内に取り込んでいくのが、景気回復にも役立つと思
います。経済だけではなくて文化や芸術の面でもアジアとの交流を加速して、よ
り世界に開かれた日本を目指したいと最近は思います。アジアの中の一つとし
て、日本がこれから求められる役割は大きいのではないでしょうか。日本人一人
一人の考え方によって、これからの日本の歴史は作られていくのではないかと思
います。そのような点からも、歴史というものに対する関心をもっと深めていき
たいと思います。




国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
国際ジャーナルを見つけて
 

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 決勝トーナメント進出を決めた日本代表

日本の期待を背負って南アフリカに渡ったワールドカップ日本代表ですが、すば
らしい活躍をしてくれたと思います。ワールドカップが始まる前は、あまりいい
成績出なかったこともあって、国民の期待はそれほどでもなかったかもしれませ
んが、カメルーン戦に勝利したことによって一気にムードが高まってきました。
その後、強豪のオランダには負けてしまいましたが、デンマーク戦では3対1で
勝つことによって、日韓同時開催のワールドカップ以来の決勝トーナメント進出
が決まりました。国際ジャーナルではスポーツの話題が載ることはそれほどあり
ませんが、このワールドカップの日本代表の活躍については、分析をしてみても
面白いのではないかと思います。次の相手は南米のパラグアイですが、もしこの
試合に勝つようなことになれば、日本でのサッカー熱はますます盛り上がってく
るのではないでしょうか。最近の日本ではあまり明るい話題もありませんが、こ
の日本代表の活躍は久々に明るい話題ではないかと思います。まさにスポーツの
力ですね。ワールドカップではそのほかにもレベルの高い試合を見ることができ
ますから、睡眠不足になってしまいます。その点は健康管理が大事かなと思います。




rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社 報道通信社の発行する報道ニッポンでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

報道通信社の報道ニッポンの対談記事 詐欺は後を絶たない。

夫婦でパン屋をやっている友人が先日詐欺にあいそうになったといっていた。電気会社の下請けを言う人がやってきて、アンペアなどを替えると、年間これこれお得で、そのためにいくら必要だが、一年で元が取れるとかなんとか。手にはほかのお店の契約書を持ち、何度も同じことを繰り返していたそうだ。旦那が冷静な人で、すぐにはうんとは言わなかったことが幸いして、その後ネットで調べたら、あちこちからクレームが出ていることを知ったそうである。
詐欺というのは本当にいつの世にも存在して、そしてゴキブリ並みに廃れない。不思議である。この不況下で、楽して儲かる話などはあるはずもなく、それでも多くの人が騙される。お年寄りを騙すような詐欺は許せないし、詐欺行為自体も許せるはずはないのだが、騙される側にも多少の問題はあるような気がする。とはいうものの、私も何度か詐欺にあいそうになったことがあるので、人のことは言えない。最近はますます巧妙になってきているからたちが悪い。
なぜ人を騙す人がいるのだろう。それは騙される人がいるからかもしれない。すべての人を疑ってかかるのはあまりに悲しいことであるが、少し冷静になって考えることも大切なことである。

国際ジャーナル オンライン
国際ジャーナルに出現 現代画報。地元に根ざして事業を展開する企業を紹介。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
 

国際通信社グループの現代画報の対談記事 自由が丘にある評判の和菓子屋

蜂の屋ってご存知でしょうか?
東京 自由が丘にある和菓子屋さんです。
毎月、蜂と8(日)を掛けて8の日には
限定の八の日餅が売りに出されます。
この店の名物は、「まゆ最中」といって、
繭の形の薄地の最中に餡が入っています。
とても小さい一口最中で、包みがパステル三色程で
並べられるので、見た目も愛らしく、贈答用に人気のようです。
と、お店の宣伝のようになってしまいましたが、
この季節、お年賀を買い求める人で
小さな(失礼)お店は一日中混雑します。

で、私も度々購入させてもらうのですが、
田舎に持っていったら、甘すぎるとブーイング。
東京の人はこんな甘い餡を好きなのか?との声。
そういえば、食文化ってその地方によって
まったく違いますし、個人の好みも大きく分かれますもんね。
一般に美味しいと評判でも
残念ながら、味の全国統一とは、なかなか難しいようですね。
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
yopの国際通信社 報道ニッポンは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
 

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 これからの日本外交のあり方

第二次大戦後の日本においては、アメリカとの付き合い方が一番重要な外交政策
として考えられていたのではないかと思います。国際通信社の雑誌でも、一番多
い外交の話は、やはりアメリカについてではなかったかと感じています。元々、
第二次世界大戦は、太平洋を挟んで向かい合う海洋国家間の覇権争いだったので
はないでしょうか。その戦いの中で日本は敗れましたが、国際社会におけるアメ
リカと日本の関係というのは、決して重要性が低くなることは考えられません。
しかし、あまりにアメリカに依存しすぎた外交感覚は、やはり見直しをされるべ
きであると思います。21世紀を迎えて、日本の対外的な通商関係においても、
アメリカのみならず、中国などの東アジア諸国の占める割合は非常に高いなって
きました。ですから、今までのアメリカとの関係を清算するということではな
く、アメリカとの関係を成熟させていくと共に、日本が主体となった東アジアと
の関係構築をどのように進めていくのか、そのような外交における哲学が、今の
日本には求められているのではないかと思います。世界との関係を見るにあたっ
て、より複眼的な見方が、いまこそ求められているのではないかと思います。







国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
 

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 6月22日、参院選公示

昨年夏の政権交代。それは、雑誌「現代画報」でも取り上げられていました。
そして政権交代後初の大型国政選挙が7月の参院選になるのではないでしょうか。
第22回参院選が6月24日に公示され、7月11日の投開票に向けて、各党は17日間の
選挙戦に突入ということになります。

各党が掲げている「マニフェスト」。これを投票の材料にする国民も多いでしょう。
17日間の選挙戦、お金をかけた選挙活動が行われるのでしょうか。
ポスター、選挙カー・・・。人によっては「ポスターはいらない」「選挙カーはいら
ない」という意見もあることでしょう。

まだ幼い子供を育てている母親からの立場で言うと、大変申し訳ないのですが選挙
カーでの活動は困るのです。それは、せっかく寝付いた我が子が選挙カーの声で目
を覚ましてしまうことがあるからなのです。
また受験勉強に追われている学生にとっても、つらい時期になるかもしれません。

今回の選挙、投票率はどうなるでしょうか。政治に対する信用が薄れているように
私は感じ取れるのです。選挙期間中に掲げたものは、選挙後も必ず実行してほしい
と思います。そうでなければ、国民は誰も信用しません。


占い日記
国際ジャーナル 取材 報道通信社の発行する報道ニッポンでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 閉じる

これまでの人生の中で、何回か引越しを経験しました。
空っぽになった部屋は、別の箱のようで、
突然寂しい思いにとらわれたりします。

この箱につまった、様々な思い出が、
一瞬だけそこに舞い戻ってくるからでしょうか。

自分が出て行くのに、置いていかれたような気分。

「古い思い出はこの部屋置いて・・」とか、唄にあったけれど、
過去を切り離していくのは、なかなか難しい。
過去に拠り所を見つけたいときもありますもんね。

さてさて、今、また、空っぽな箱の中でPCと向かい合っています。
といっても、自宅ではなく、職場がクローズしてしまいました。
残務処理もあらかた終わり、とりあえずのお留守番です。

華やかな時代も通ったこの会社にも、終りの時が来ました。
愛着のある仕事ともこれでお別れです。
よいところも悪い所もたくさんありました。
再び何かの形でかかわる事が出来る日を
皆が待っているような気がします。

終焉。
寂しい言葉ですが、終りの次には、始まりがあると
信じたいですね。





press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを求めて 現代画報社の発行する現代画報では、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

報道通信社の報道ニッポンの特集 PDCA

会社組織でもスポーツでも同じですが、一つの成果を出すためには、マネジメン
トのスキルが必要になってきます。では、マネジメントのスキルには、どのよう
なものがあるのでしょうか。よく国際ジャーナルなどの雑誌でも、マネジメント
に関する重要性は記事になっています。そんな記事なども参考にしてみたいと思
います。マネジメントにおいて重要なファクターの一つに、計画を立てることが
あります。マネジメントでは、ヒト・カネ・モノなど、様々な経営資源が投入さ
れることに対して、一つのしっかりした計画が必要になります。いきあたりばっ
たりでは駄目という事です。PDCAとよくいいますが、これは計画
(PLAN)、実行(DO)、検証(CHECK)、対策(ACTION)とい
うサイクルで、マネジメントを行うという考え方です。4つのフェーズに分かれ
ていますから、週単位または月単位で、一つのフェーズを実行していくのが、管
理しやすいかもしれません。現代の様に、経営の環境が激変する時代では、組織
全体が成果を出すための指標として、このようなマネジメントサイクルを回して
いくのが、まずは基本ではないかと思います。管理職の方も、今一度このサイク
ルを考えてみるのもいいと思います。







国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
評判の国際ジャーナル 現代画報 (地域を育む人と企業、時代と人をつなぐスペシャリスト、職人 地域で活躍する職人たち~、地域医療に貢献する ドクター訪問、美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店、心のふるさと~社寺めぐり~)
 

報道通信社の報道ニッポンの特集 W杯2戦突破、日本で期待

報道ニッポン 2010年6月号で、

「サッカーW杯、ついに開幕」という記事を見つけました。



サッカーのワールドカップ南アフリカ大会1次リーグE組で、

日本は見事!カメルーン戦に勝利!



W杯も盛り上がりを見せてきましたね。

カメルーン戦に勝ったことで、

南アフリカへの応援ツアーの販売が再開されました。

とはいえ、1泊4日の弾丸ツアーで39万8千円。

場所が場所、南アフリカにいくだけでも大変ですから、

それ相当な値段なのでしょうが・・・

高いです、とてもじゃないけど手がでません・・・



やはり、テレビで応援です!



カメルーン戦は、23:00からでした。

明日おこなわれる、オランダvs.日本は20:30、

そして、デンマークvs.日本は27:30。



デンマーク戦は、朝のニュースで結果を知ることになるでしょう。。



ここ数年、サッカー人気は落ち込んでいたように思いますが、

W杯でカメルーンに勝ったことで、盛り上がってきましたね。



FIFAオフィシャルショップでは、勝った次の日には選手のユニフォームが完売
し、

あるレストランでは、オランダを食べてしまえ!と、

オランダの料理「牛肉のビール煮込み」を提供、

マスコミは連日朝から、サッカー関係の取材に追われている。



これで、オランダ戦の勝利したら・・・



また、サッカー黄金時代の到来でしょうかね(笑)


国際プレス 国際ジャーナル 国際通信社
報道ニッポンを手にして 国際ジャーナルは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
 

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談取材 暑くなるだろう参院選

国会が6月16日に閉会し、参院選公示の6月24日までわずかとなりました。
大阪での話になりますが、大阪選挙区ではすでに現職2人、新人8人の合計10人が出馬の
準備を進めているようで、2007年や2004人を上回る激戦になる見通しだそうです。
各立候補予定者は街燈集会で政策をアピールするなど、事実上の選挙戦に突入している
ということです。

新聞には、立候補者の名前がずらりと並んで載っていました。それぞれの政策、どの党
からの出馬なのか、詳しく載っていたように思います。
長年タレントとして愛された立候補者、経歴が立派な候補者、様々な顔ぶれです。

今回の参議院選、どれだけの人が投票に行くでしょうか。
昨年の夏、歴史にも残るであろう「政権交代」がありました。その際には雑誌「現代画報
でも取り上げられていたように記憶しています。
その際には、興味が出た人、とにかく日本を変えて欲しいと希望した人、それぞれの考え
を持って投票に行った人が多かったように思います。
今回はどうでしょうか。私の住んでいる地域では、まだ活動している様子は見られません
が、近々お金をかけた選挙活動がスタートするでしょう・・・。


sportsnews.geo.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社 国際通信社の発行する国際ジャーナルでは、企業経営者への取材で地域特集で各地を取材でまわっています。取材方法は芸能人のインタビュアーにて対談形式で行われます。
 

報道通信社の対談取材を掲載 キャンドルナイト

今年も100万人のキャンドルナイトの季節がやってきましたね。夏至と冬至、午後8時から10時の2時間、電気を消してろうそくの明かりで過ごそうというこの呼びかけが始まったのが、2003年。今年は公式ホームページに飛べば一目で分かりますが、エコ活動にありがちな恩着せがましさがなく、その効果などを説いて回るのでもなく、静かでとてもアーティスティックで、「カッコイイな」と思わせるものがあります。また、きまった時間に電気を消すだけというとてもシンプルな参加方法と、ろうそくの明かりの美しさを再発見できるところに、大きな魅力があるように思います。
国際ジャーナル6月号に和ろうそくを紹介する記事が載っていますね。和ろうそくは今流行の洋ろうそく所謂キャンドルよりも長持ちし、また、その炎の揺らめきが和紙の具合によって変化に富んでいると言われています。キャンドルナイトに和ろうそくを灯したら素敵でしょうね。ろうそくの炎って不思議。じーっと見ていると妙に落ち着きます。部屋の中にいくつか灯すと、なんてことはない平凡で雑然としたいつもの部屋が、仄かなオレンジの光に包まれて幻想的に見えてくるのです。電気をろうそくに変えただけなのに、何だか得をしたような気分になります。今年のキャンドルナイトは6月20日から7月7日です。この簡単で素敵で積極的な環境活動に参加してみてはいかがでしょう。



ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルで評論 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。
 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。