スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 民主化のうねりは石油供給に影響するか?

最近話題になっているのが、中東における民主化の動きです。中東といえば、石
油の一大産出地として、日本とも大きなかかわりがありますが、民衆運 動の大
きなうねりによって、石油生産にも収拾のつかない混乱が起きるかもしれませ
ん。日本としても対応を検討するべきでしょう。同じく中国も民主 化の動きが
進むかもしれません。世界の工場として、経済的な力をつけている中国ですが、
民主化への移行の時期を迎えたのでしょうか。中国の動向は 世界の民主化の大
きな争点となりそうですね。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト
 

現代画報報道ニッポン国際ジャーナル 中国における情勢と中東の関係について

ジャスミン革命と呼ばれている中東の情勢ですが、中東だけではなく、アジアで
共産党による一党独裁を続ける中国にも飛び火するかもしれません。中 国当局
は、この民主化の動きに対して、封じ込めを懸命になって行っている姿が報道さ
れています。今後、中国でも中東と同じような民主化のデモが広 がっていくの
でしょうか。経済的に発展を続ける中国ですが、政治的には予断を許さない状況
になるのかもしれませんね。今後も中国情勢については注 目したいと思います。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社
 

報道通信社・報道ニッポン プロ野球の開幕時期

プロ野球セ・リーグの開幕について、毎日のようにニュース番組や
情報番組で取り上げられています。
3月24日、プロ野球選手会の会長を務める阪神の新井選手が
セ・パ同時開幕決定の一報を受けて、記者会見を行いました。
今回の問題について、新井選手はお詫びをしました。
そして、選手会の意見が認められたことについては「大変、大きな
決断をしていただき選手会の意思を理解していただき感謝している」
という話をしていました。
今回のプロ野球開幕に関する日程について、様々な意見があると
思います。私の考えは、まずは野球選手のみなさんの意見を優先に
考えるべき・・・と思っています。開幕した時に、多くの人が楽しむ
ことができれば・・・とも思っています。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社
報道ニッポン
 

月刊誌国際通信社国際ジャーナル 3か月予報

気象庁は3月24日に、4~6月の3か月予報を発表しました。
発表によると、平均気温は北・東・西日本で平年並みか高めだ
そうです。降水量は沖縄・奄美で平年並みか少ない傾向だと
いうことなのです。
昨年は暖かいというより「暑い」と感じる日もあり、夏は「猛暑」
と呼ばれて熱中症に関する話題がテレビや新聞で取り上げられて
いました。今年の夏も「猛暑」と呼ばれる日が多いのでしょうか。
今回、東日本大地震で被災された人が多いと思います。
まだ寒い日が出ているとのことですが、春はもうすぐそこまで
来ていると思います。みなさんもどうか一歩ずつゆっくりでも
前に進んでください。全国の多くの人がみなさんを応援しています。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
報道ニッポン
 

国際ジャーナル現代画報 力のあるなし

自分のことは棚に上げて、他人の足りないところや粗って、
どうして目についてしまうんでしょう?
こと私に関しては、自分本位だから、他人を見るとき、
一歩引いてしまうので、余計冷静に観察してしまうのかも知れませんが。
偶然見えてしまった粗も、気になりだすとむしょうに気になり、
ついついまた探して(?)しまっていたり。
そうなるともう負のイメージが肥大して、たとえその人が立派なことをしたとしても、素直に感心してあげられなくなったりします。

こんなことを考えている自分もかなり卑小なやつですね。反省。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報
 

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン 詐欺ですよね!

パチンコ、パチスロ攻略法の購買をめぐって
被害者が続出しているみたいですね。
業者の9割が所在地確認ができない、とか。

手口は存在しない攻略本の販売とか、
打ち子、モニターの募集とか、
無料で攻略法を教えるので、儲かった金額の何%かを
バックするとか、あれこれらしいですが。

絶対に儲かる!といわれれば、パチンコ、パチスロ好きなら
ちょっとそそられるってものでしょう。

考えてみれば、ギャンブルに、絶対、なんてないだろうし、
そんなに儲かるなら、無料で人に教えないでしょうし、
ありえない話だとは思うのですが・・・

もともと打つのが楽しい、だけでパチンコしたりするわけではないから、
儲け話に引っかかってしまうっていう
心理をついた詐欺ですよね。

おいしい話には気をつけましょう!




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報
 

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 山のヴェネツィア、陸のヴェネツィア

現代画報 2007年3月号に、イタリア、ヴェネツィアとその潟が紹介されて
いました。

ルネサンス期、貿易の要所として「アドリア海の女王」と謳われたヴェネツィア
共和国。

ゴンドラが行き交う風景、なぜヴェネツィアが水の中にあるのか、それは、ラグ
ーナと呼ばれる干潟に杭を縦横に打ち込み、その上に築かれた街だからです。

その杭を提供する地が、「山のベネチア」と呼ばれるドロミーティ。ここに生育
する針葉樹が、ベネチアの街を支える木材になります。
 おもに北向きに育つこの土地の樹木は、ゆっくり育ち、年輪の幅が狭く詰まっ
てて、硬くて丈夫です。
街を支える杭にうってつけ。諸外国と広く交易するための船の材料としても使わ
れました


 農作物を提供する土地はヴィチェンツァ。ヴェネツィアの富裕層の別荘(ヴィ
ラ)がいくつも建てられ、ここからヴェネツイアに農作物が送られました。お米
を作るのが現在も盛んなのだそうです。こちらは「陸のヴェネツィア」です。

 時折訪れるちょっと単価の高い食品を置くスーパーで、レンガ一コ位の大きさ
のイタリアのお米があり、なんと4000円位していました。ヴィチェンツァ産だっ
たのかな?

 ヴィツェンツア、ドロミーティという「陸のヴェネツィア」「山のヴェネツィ
ア」に支えられ、ヴェネツィア共和国は隆盛を誇ったのですね。

 




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社
 

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 自転車での「ながら運転」

新聞に載っていた記事で私も外出中に頻繁に見かけるのですが、自転車に乗りながらの
携帯電話の使用。会話に夢中になったりすると、周りが見えていないのかとても危険な
場面に遭遇するということがよくあります。
神奈川県警は3月3日に、自転車に乗りながら携帯電話で通話したりイヤホンで音楽を
聞いたりする運転を禁止する改定県道路交通法施行細則を5月1日に施行すると発表
しました。禁止行為には、5万円以下の罰金が科されるそうです。
本当に危険です。携帯電話に関する記事は、以前に国際通信社から発行されている雑誌にも
載っていましたが、自転車の運転に集中しなければならないはずなのに通話したり、
ひどい人ではメールを打っている人もいるのです。それが大きな事故につながるのです。
人を巻き込む可能性が高い行為です。常識を考えてほしいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
 

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 職業訓練

以前、雑誌「現代画報」で「高齢者」に関する記事が載っていました。
そして大阪では、高齢者の住まいや生活に関する困りごとへの対応を仕事にするために、
30~70歳代の失業者が大阪市西区のNPO法人などが企画する講座で職業訓練に
臨んでいるのだそうです。
そして3月末には半年間学んだ1期生26人が講座を修了するということです。
多くの高齢者、またそうではない人も前向きに頑張っています。
人のために取り組もうと多くの人が頑張っています。
とてもすばらしいことだと思いませんか?


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道通信社
 

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 男子高校生2人が?

先日から、京都大学などの入試問題が試験時間中にインターネットの質問サイトに
投稿された問題が大きく取り上げられています。
これはテレビや新聞で取り上げられていた内容なのですが、京都府警が投稿に
関与したのは東京の男子高校生2人とほぼ特定したということが分かったそうです。
本当かどうかは分かりませんが・・・。
この男子高校生が本当にそのようなことをしたかどうかは分からないにしても、
誰かが操作しなければ、インターネットサイトには掲載されないはずなので、誰か
が行った行為だと思いますが、何を目的として何を考えて行っていたのでしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
現代画報
 

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 世界のナベアツさんが落語家に転身

お笑いタレントで活躍中の世界のナベアツさんが、3月2日に都内で会見を
開いたそうです。会見の場では、落語家転身を発表したのです。
上方落語協会会長で落語家の桂三枝さんに弟子入りしたそうです。
そして、2004年に再結成していたお笑いコンビの「ジャリズム」を
円満に再解散してたそうです。
失礼ながら、最近ではあまりテレビで見かけなくなったナベアツさんですが、
今後は落語家としての活躍に期待したいですね。
どのような落語を多くの人に見せてくれるのでしょうか。楽しみです。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社
 

月刊・国際ジャーナル 共同購入型クーポンは販売戦略の新たな形でしょうか。。

報道ニッポン 2011年3月号で「共同購入型クーポンにみる販売戦略の新たな形!」

という記事を見つけた。



共同購入型クーポンと言えば思い出すのは、今年に入ってから「お節」や「たい焼
き」などで

お騒がせをしている、グルーポンですね。



消費者にとって少しでも安く、商品が購入できるというのはとても嬉しいことだと思
いますが、

グルーポンはリスクの提示、そしてグルーポンを利用したい店側もリスクの承諾をす
る必要が

あるのではないでしょうか。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
国際ジャーナル
 

月刊・国際ジャーナル バイクの駐車場不足

バイクを愛用している人は多くいると思うのですが、大阪市ではオートバイの
駐車場が慢性的に不足する状態が続いているそうです。
改正駐車場法が4年前に施行されるまで、集客施設などにバイクの駐車場設置が
義務付けられていなかったことが背景にあるということです。
私が住む近所に大手スーパーがあるのですが、駐車場、駐輪場は幅広く場所を
確保されているのですが、バイクを駐車する場所がなかなか広く確保されていない
ようで、バイクで買い物に来た人は不便な思いをしているようです。
世の中には車と自転車だけではなく、バイクで移動する人も多くいるので
もう少し考えたほうがいいかもしれませんね。多くの人が気持ちよく利用できる
場所でありたいと思いませんか?


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル
 

月刊 エネルギー戦略の転換が必要となってきた?

日本は原油輸入の9割近くを中東に依存しています。主要な国はサウジアラビア
などです。これは事実ですから、日本としての中東戦略はとても重要で す。石
油調達に関するリスクの分散を図るためにはどうすればいいでしょうか。例えば
インドネシアやロシアなどに原油の調達先を広げる方法がありそ うです。いず
れにしても努力が必要です。また、太陽光や風力など石油に代わる再生可能エネ
ルギー開発を、国全体で進める戦略も考えられると思いま す。





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
 

月刊 ロシアとの新たな外交が求められている

新たに外務大臣になった前原誠司外相には、国民の期待が集まっているのかもし
れません。特にロシアとの北方領土返還交渉について、今後の展開が期 待され
ます。日本では安倍晋三元首相以降、だいたい1年くらいで首相が代わっている
状況なので、これが交渉においては悪影響が出ていると、前原大 臣は指摘して
います。北方領土問題の解決については、安定した政治体制がなによりも重要に
なっているのかもしれません。これからの前原氏の手腕に 期待したいと思います。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
現代画報
 

国際ジャーナル・報道ニッポン・月刊誌 2月の景気ウォッチャー調査

新聞に載っていた記事なのですが、内閣府が3月8日に発表した2月の景気ウォッチャー
調査によると、街角の景気実感を3か月前と比べた現状判断指数は前月と比べて4.1
ポイント上昇して48.4となり、2か月ぶりに改善したということです。
前月は日本海側を中心とした大雪の影響で消費が冷え込んでしまい、3か月ぶりに悪化
したのですが、2月は比較的天候に恵まれたということが主因とされています。
このような記事が書かれているとはいえ、まだまだ苦しい生活をしている人たちは
本当に多くいます。以前、雑誌「現代画報」にも「不景気」に関する記事が載っていましたが
なかなか安定した生活を過ごせない人も多いのです。
この状況、なかなか前に進むことができていないのがほとんどではないでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
 

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 厳しい意見や惜しむ意見が・・・

テレビを見ていると「ニュース速報」が流れました。そして、その後は
ニュース番組や新聞でも大きく取り上げられたのが、前原外相の辞任でした。
様々な意見があちらこちらで飛び交っていたようですね。
厳しい意見もあれば、惜しむ意見もあり・・・。
中には「選挙に影響あり」などという地域もあるようです。
私には正直よく分からないところが多いのですが、以前、雑誌「現代画報」にも
載っていた「政権交代」から様々な出来事が起きてしまい、厳しい意見が聞こえる
ようになりましたね。今後、どのように立ち直っていくのでしょうか。
今後が気になるところですね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報社
 

国際ジャーナル月刊誌国際通信社 雷鳥のラストラン

歴史ある物が幕を閉じるというニュースを耳にすると、寂しい気持ちに
なりますね。
半世紀近くにわたって北陸と大阪を結んできた特急「雷鳥」が、3月11日
に最終運行を迎えたそうです。
JR金沢駅では午前7時すぎに大阪行きの最終列車「雷鳥8号」が出発しました。
ホームに陣取った鉄道ファン約300人のカメラのフラッシュを浴びながら、
ゆっくりと雪が降る中へと走り出したのです。
多くの人に利用されたであろう「雷鳥」。私も子供の頃に乗ったことを
思い出しました。今まで本当にご苦労様・・・と言いたいですね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
報道通信社
 

月刊・国際ジャーナル 政府の対応は・・・

3月11日の昼過ぎに、大きな地震が起きました。
菅首相は午後5時前に、国民へのメッセージを出したのです。
この模様は、テレビでも放送されていました。
「電子力発電所が一時停止したが、放射性物質の流出は確認されていない」
「緊急対策本部を直ちに設置した」とも説明しました。
今後の政府の対応が早急であることを願います。
また、大きな被害が起きた地域には一刻も早い対応をお願いしたいものです。
今、国会では様々なことが取り上げられているようですが、まずは人の命を
第一に考えることが必要ですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社
 

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 中田英寿の新番組

サッカー少年なら、憧れのサッカー選手といえば中田英寿さんを挙げる人も多いのではないでしょうか。そんな元サッカー日本代表選手の中田さんが、日本テレビ系の番組に出演することがわかったそうですよ。番組の中で中田さんは、日本の匠たちを紹介するのだそうで、番組名は『Revalue NIPPON Project 中田英寿 日本をつなぐ』というものだそう。気になる番組のスタートは3月5日だそうですよ。中田さんの目から見た日本の魅力を紹介してくれるとのことで、楽しみですね!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道通信社
 

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 ネット通販

楽天の三木谷会長兼社長が、ある新聞の単独インタビューに応じたそうです。
ネット上のショッピングモール「仮想モール」事業を早ければ年内にも
ドイツと英国で展開する方針を明らかにしたのです。
海外進出を加速させて、現在3兆円の取扱高を今後約15年間で10倍の
30兆円に増やすことを目指すそうです。
楽天で、買い物を楽しんでいるという人は多いのではないでしょうか。
品揃えが豊富で、しかも安く購入できることも多々あります。
私の知人は何かあれば「楽天で買った」という声を頻繁に聞きます。
ネット通販とは、非常に便利で家でくつろぎながら買い物ができるという
感じがします。我が家でも頻繁にネット通販を利用することがあるのですが、
いつも感じるのは「便利だなぁ」ということです。
その裏に「情報漏れ」などの不安はあるのですが・・・。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
報道ニッポン
 

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 石油の安定供給と価格について

最近は中東情勢が緊迫していますが、日本としても石油の供給を中東から受けて
いますので、今後の対応について早急な検討が必要だと思います。中東 の重要
な産油国であるサウジアラビアがリビアの原油供給停止分を増産する姿勢を示し
ていますので、大きな心配はないかもしれません。以前も世界的 に問題となっ
た原油相場の高騰が一段落してくれるといいですね。世界経済においても、政治
的な状況もあわせて予断が許されない状況が続いていると 思います。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報
 

月刊誌国際ジャーナル ヤフー知恵袋に投稿された大学入試問題

京都大学の入試問題がヤフー知恵袋に掲載された事件。

他にも早稲田や同志社等の大学でも、同様の事件がおこったそうですよね。



これは愉快犯の仕業だと、マスコミは声を荒げています。



ではどうやって、ヤフー知恵袋に寄せられた解答を見るか・・・

試験会場には試験管もたくさんいますので、そんな中で携帯を見る時間などあるとは
思えません。

きっと試験会場にいた犯人は、ヤフー知恵袋の解答は見ていないと思っています。

それはもちろん、みなくても問題の答えがわかっているから。



そしてマスコミ同様に第三者がいる、それも数人のグループ犯行だと推察していま
す。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際通信社・月刊 もう少し実のあるトップ対談を聞いてみたい

最近は菅直人首相と自民党の谷垣禎一総裁らによる党首討論も行われています
が、刻に民目線でいろいろと聞いてみたいこともあります。日本を取り巻 く状
況を、この二人はどう認識しているのでしょうか。そして、日本が抱える難題を
解決していく方向性をどのようにみつけていくのでしょうか。民主 党のマニ
フェストの行き詰まりと、小沢一郎元代表に近い衆院議員16人の会派離脱騒動
が民主党の争点となっていますが、もっともっと重要な部分で の話を聞きたい
と思います。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社
 

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 信号無視

大阪府内で、歩行者や自転車の乗る人が信号無視をして死亡するという事故の割合が
全国平均の2倍に達しているということで、大阪府警の調べでわかったそうです。
大阪府警は歩行者などだけではなく、ドライバーにも注意を呼びかけているのだ
そうです。
確かに自転車に乗る人が当たり前のように信号無視をして、あわや交通事故に・・・
という状況を見かけることがよくあります。「たまに」ではなく「よく」なのです。
そして、信号が赤か青かも見ずに平気に渡っている人もいるのです。実はその時、
信号は「赤」なのです。
非常に危険だと思います。「自転車だから別にかまわない」「歩行者だから」ではなく
「自転車だからこそ」「歩行者だからこそ」と思わないといけませんね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル
 

現代画報社の月刊誌 液晶事業に対する大手電機メーカーの戦略とは?

日本の電気大手を巡る動向もスピードが速くなっていますが、そのなかでNEC
は液晶に関する経営戦略を強化していると感じます。これは中小型液晶 パネル
の製造を手がける完全子会社「NEC液晶テクノロジー」の株式の70%を、中
国の液晶大手、天馬微電子のグループに売却するという報道から 感じました。
今の事業規模では、NEC単独での生き残りが難しいため、切り離しを進めること
が今回の発表の背景にありそうです。利益を出せない事 業は、早急な切り離し
が必要という考え方かもしれません。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
国際通信社
 

月刊・報道ニッポン・国際ジャーナル ベトナムとの経済協力による日本の発展

最近はベトナムに対する新たな経済発展が期待されていますが、日本とベトナム
の連携強化を目指した「世界環境ビジネスフォーラムinベトナム」ハ ノイで
開催されたそうです。このフォーラムには両国から政府・企業関係者など、合計
で200人以上が参加しています。どのような成果がでたのか気 になるところで
す。日本とベトナムにおける技術や人材教育、資金などの協力体制が議題になっ
ており、両国間における包括的な協力関係の強化が求め られています。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道ニッポン
現代画報社
 

国際ジャーナル|月刊誌 国会議論について最近考える

国会では与野党の議論が続いていますが、お互いに語気強く対決するだけでは、
新たな展開も望めないと思います。参院の野党多数というねじれ状況が 続いて
いますが、今こそ日本の将来を見据えた、長期的な政策立案が必要な時期だと思
います。政治家についてはその点を理解して欲しいと思います。 外交・安保問
題についても、新たな日本の戦略が求められている時です。 単なる野次の飛ば
しあいでは何も前進がありません。その点を議員の皆さんにも理解して欲しいと
思います。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社
 

現代画報・月刊・国際ジャーナル これからの民主党の将来は大丈夫?

民主党に対して、地方では逆風が吹き始めた様です。岡田幹事長が集まった集会
では、帰れコールも起きてしまった様です。最近のニュースを見ている と、党
内の派閥争いなどが国民の間で一番目についている状況です。その中でマニフェ
ストに書かれた政策はなかなか実現せず、迷走を続ける民主党の 支持率は下が
る一方です。総選挙のうわさもありますが、地方における民主党への危機感は想
像以上に強いのかもしれません。今後の動きに注目したい と思います。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際通信社・月刊誌 先行きが見えない民主党

今後の日本の政治情勢には予断を許さないところもありますが、与党の民主党で
は、首相退陣と引き換えに予算関連法案への協力を野党側に求めという 主張も
あります。民主党内でのこのような考え方は、予算案成立にめどが立つならば首
相退陣もやむを得ないとの民主党内の空気を表しているのかもし れません。し
かしながら自民党などの野党では、首相退陣でも協力を拒否する姿勢を示してい
るので、予算案についても流動的です。解散という動きも 今後はでてくるで
しょうが、民主党の先行きは不透明と言えます。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
国際通信社
 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。