スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

月刊誌 報道通信社 現代画報 りあるキッズの長田さんが結婚

みなさんは、りあるキッズという漫才コンビをご存知でしょうか。1996年秋の
オーディション番組をきっかけにデビューしたコンビなのですが、長田融季さんが
結婚するということが分かったのだそうです。お相手は大阪在住の一般女性で、
長田さんより7歳年上の女性だそうです。お相手の女性は現在妊娠5か月だということ
で、7月に入籍予定ということが新聞記事に書かれていました。
確か、オーディション番組に出演した長田さんは、まだ小学生くらいだったように
記憶しています。長年、漫才で頑張ってきたコンビだと思うのですが、2003年
にはM-1グランプリで決勝に進出したことがあるコンビです。
今後の活躍にますます期待したいですね。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト
 

国際ジャーナル 報道ニッポン 医療体制の確保がこれからは重要

東日本大震災の被災地では、様々な対策が必要となっていますが、医療の体制も
その一つだと思います。沿岸部を中心に地震や津波によって医療機関が 壊滅的
な被害を受けています。そのため、多くの病院で一時診察できなくなるなど、地
域医療に深刻な影響が起きています。厚生労働省ではどのような 対応を検討し
ているのでしょうか。今のところ、医師などを集めて医療機関の防災対策や災害
医療の在り方を話し合い、検討を進めているという事の模 様です。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報
 

国際通信社 国際ジャーナルとは 桑田真澄さんが男子ゴルフに出場

元巨人軍の桑田真澄さんが5月26日から岐阜県可児市で行われる男子ゴルフの
下部ツアーに初めて出場するそうです。新聞記事にも載っていました。
主催者推薦でデビューする桑田さん。5月25日にプロアマ戦に出場して
「わくわくしている」と意気込みを語ったそうです。
桑田さんが出場するのは、シード権を持たないプロ選手が競う大会だそうです。
桑田さんの出場は1月に決まったそうです。ティーチングプロの弟さんに指導を
受けるなど準備を重ねてきたそうです。
桑田さんといえば、野球のユニフォームの姿がイメージされますが、今度は
ゴルフで活躍されるのでしょうか。今後の桑田さんの活躍が注目されるのでは
ないでしょうか。楽しみですね。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報
 

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 地デジ難民撲滅運動

地デジになるまで、とうとう2カ月になりましたね~!いやあ、この時期で地デジにテレビを変えていないお宅を探すほうが難しいんじゃないかと思いますが、デジタル放送推進協会は5月24日に、東京都大田区の商店街で、テレビやアンテナなどの準備を呼び掛けるキャンペーンを行ったそうです。うーむ、確かにお年寄りは地デジといわれても放置しそうな気がするけれど、こんだけテレビや街頭で言われているのに地デジ難民になっちゃったら、笑っちゃいそうです。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報
報道ニッポン
 

節電対策 国際通信社 市場の取組による安全性のアピール

放射能に対する心配が広がっていますが、築地市場の卸売り業者によって、今回
の震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故で、価格が下がるなどの 影響が
出ている海産物や農産物の安全性をアピールしようという取組が行われていま
す。これはとても重要な動きではないかと思います。各地の海産物 や農産物が
販売されて、その安全性がアピールされています。マスコミを含めて、しっかり
とした情報がいまこそ求められていると感じます。



日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報社
 

国際ジャーナルのビジネスパーソン 風評被害を防ぐのが最大のポイント

日本のからの輸出品については、放射能汚染されているのではないかという風評
被害が発生していますが、アメリカで開かれていたAPEC=アジア太 平洋経
済協力会議の貿易担当相会合では、この点の見直しを求める動きがでています。
日本が、福島第一原子力発電所の事故による風評被害の払拭を求 めており、会
議に参加する各国が過剰な輸入規制をせず、貿易上のルールを順守するという内
容で議長声明が採択されています。日本にとってはいい ニュースですね。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報
 

月刊国際ジャーナルの取材で 避難の状況を一刻も改善してほしい

これまでの震災の動きを受けて、政府がいつ対策をだすのかという点が気になる
ところでしたが、最近、全閣僚による原子力災害対策本部を開ていま す。これ
によって、福島第一原発の事故による被災者の支援のための当面の取り組み方針
を出しています。支援策をまとめた工程表も決定されています から、これから
この方針に従って復興が行われると思います。避難を続けている住民のために
も、一刻も早い復興を実現して欲しいと、本当に思いま す。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
報道通信社
 

月刊国際ジャーナルの取材で 浜岡原発5号機、原子炉内に海水

浜岡原発5号機は、廃炉になりますか・・・



5号機の主復水器の海水流入トラブル、約400トンと推定される流入量のうち、

5トン程度が原子炉圧力容器内に入ったようです。



通常ならば、主復水器内の水と海水が直接触れ合うことはないのですから、これは

あきらかに原発の管理がきちんとされていなかった、ということになるでしょう。



しかし、何事もない時に発覚して、まだよかったのかもしれません。

もし、震災の最中にこの問題が発覚していたら・・・



多くの国民は電力会社の信頼性を、まったくなくしてしまったでしょう。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社
 

月刊誌現代画報から 外国人にとって日本観光の魅力はどこにあるか?

このところ、中国人などアジアから日本を訪れる観光客が増えていると聞きます
が、これは本当なんでしょうか。外国人から見た日本の面白いところはどんなと
ころなんでしょうか。例えば、秋葉原の電気街などは、以前から外国人にとって
魅力があるという話を聞いたことがあります。日本の魅力については、国際
ジャーナルでも取り上げてほしい内容ではないでしょうか。秋葉原では、外国人
向けの免税店も多くあり、何より電気製品が安く買えるのが魅力ではないかと思
います。その他にも、電脳街の街並みや、最近話題になっているメイド喫茶な
ど、やはり外国人観光客にも日本の中で珍しく見えるのではないかと思います。
秋葉原は、そのような実績もありますから、じつは非常に外国人に対応した街に
なっているところもあります。英語だけでなく、中国語、韓国語が通じる外国人
スタッフが多く働いている店もあると聞きます。ですから、もし、自分の店に言
葉のわからないお客さんが来ても、他の店で対応してもらうことも可能です。非
常に国際的な街だと言えます。海外からの観光客にはとても便利ではないかと思
います。外国人に人気のある日本の観光スポットには、やはりうなずける特長が
あるという事だと感じます。







21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社
 

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 奥山佳恵さんが第2子を妊娠

女優の奥山佳恵さんが第2子を妊娠したということをご自身のブログで発表した
そうです。現在は妊娠5か月ということです。そして出産予定は10月という
とても心地よい季節にです。奥山さんは今、男の子のお母さんで育児と仕事を
頑張っておられるようですね。ブログを見ているとずっと2人目が欲しかったそう
ですね。喜びがこちらにも伝わってきます。
体調と相談しながら仕事や育児、家事などを進めていただきたいですね。
そして無事に出産していただくことを心から願っています。
自分のことではないとはいえ、出産や妊娠の話を聞くと嬉しくなりますね。
明るい話題です。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
国際ジャーナル
 

報道通信社の報道ニッポン 敦賀2号機、放射能濃度上昇

福井県にある、敦賀原発2号機の1次冷却水中の放射能濃度が上昇したそうです。

原因としては、燃料棒を覆う被覆管に小さな穴が開き、放射性物質が漏えいした

可能性が考えられていて、

発電所周辺の放射線監視モニター値の変化はなし、外部環境への影響はないと

みられていますが、日本の原発はいったいどうなっているのでしょうか…

福島原発は昨年、電源喪失事故おこしていましたし、原発の事故は、隠ぺいの嵐

だったのかもしれませんね。



今、私が一番気になるのは、高速増殖炉「もんじゅ」と「浜岡原発」です。






21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社
 

ザヒューマンにて 東北の水産業の立て直し

今回の大地震と津波で大きな被害を受けた東北地域では、雇用の問題がこれから
大きくなっていくと予想されています。特に、主要産業であった水産業 につい
ては、壊滅的な打撃を受けていますので、水産業の立て直しが急務となっていま
す。この問題については、国も自治体も、一緒になって取組を進 めていかなく
てはならないでしょうが、当面の対策として、失業保険の支給などでケアをする
必要があるかもしれません。これから注目の問題です。



ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
報道通信社
 

国際通信社の国際ジャーナルとは 名古屋市で始まった報酬半減の動き

名古屋市では、何かと政治について話題になっていますが、名古屋市議会では、
市の議員の報酬を半減することを決めています。これによって市議の報 酬が年
間800万円になるという事です。名古屋市長の河村市長は、減税の恒久化と、市
議の報酬を下げることを公約として、選挙で大きく票をとって います。今回の
動きはその公約を実現した事になります。この動きについては、これから他の自
治体でも同様の動きが出てくるかもしれないので、注目 したいところです。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン
 

国際通信社の国際ジャーナルとは 母の日商戦スタート

もうすぐ母の日ですが、みなさんは母の日に何をプレゼントするか決めましたでしょうか?なんでも、大手百貨店でも毎年恒例の母の日商戦がスタートしたようです。一応東北関東大震災の影響がまだ残っているため、消費を控えようというムードが流れているものの、今年は花束やケーキなど母の日の代表的なプレゼントにプラスして節電商品や今年の夏を涼しく乗り切れるアイテムが人気なのだとか。確かに、計画停電でクーラーが使えなくなってしまうと困りますもんね。

日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社
 

ザ・ヒューマン 経営者 作業員の安全確保がもっとも重要である

福島の原発事故に対応するため、多数の作業員が現地で働いていますが、年間の
被爆量に対する限度が当面撤廃されるということになっています。これ はどん
な背景があるのでしょうか。まず、いまだに復旧のめどが立たない原発事故を早
急に改善するために、多数の作業員が必要となっているという現 状があると思
います。しかしながら、作業員の健康が本当に確保されているのか、その点につ
いては、ないがしろにしてはいけないのではないかと思い ます。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
 

ザ・ヒューマン 経営者 一週間は短い

一週間に10日来い~・・・なんて、古ーい歌にあったような・・・

なんで一週間に10日か、というと、
ある時期の私は、ハードなWワークをしていまして、
昼は週6日、8時間~11時間位のフルタイム勤務。
夜も8時間のフルタイム勤務、というのを週に3日程こなしていました。
そうすると、単純に8時間×6日=48時間プラスアルファ+8時間×4日=32時間で
最低でも週に80時間+アルファ働いていました。

こうなると、一週間て何日あるの?って話ですよね。
まあ、残業やらなにやらで、コレくらい働いてる方は多いと思いますが・・・

こんな生活を続けていると、日々の区切りがあまり無くなってしまいますね。

深夜労働が終わった後一時間ばかり仮眠して、
すぐ昼の仕事に出勤。昼の仕事が終わると二日分の睡眠をとりたいのだけれど、
目が冴えすぎて、寝られない。
お家でずっと待っていてくれた猫とくっついては、いつも2時間位ずつの
浅い眠りを繰り返していました。
だから月に何度かはもう正体不明になるくらい爆睡。
猫も呆れて、何度も顔をバンバン叩きに来ました・・・・

そんな生活も2年程で終わりましたが、我ながら、タフだなーと。
そのせいか、眠るのが大好きな私ですが、いまだに徹夜も苦になりません。
もっとも、今では、好きなことに熱中しての徹夜に限りますが・・・

隣にあるコインパーキングもガラガラです。
なのに仕事に出ている私。
誰かが言ってましたが、条件の悪い職場で働きなれてる人は、例え転職しても、
また、同じような環境に身を置いてしまうとか。
ああ、楽に生きたいです。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報
 

東京国際ジャーナル ガスパン遊び、16歳死亡

愛知県みよし市三好町の県営東山住宅で、16歳のアルバイト少年が

携帯コンロのガスを吸引し意識がないと、母親から119番に通報があり、

病院に搬送されましたが、間もなくガス中毒で死亡。



ガスパン遊びとは、ガスを吸引するのですが、覚せい剤吸引と同じと

いってもよい行為で、携帯コンロのガスをビニール袋に入れて吸引すること。



ガスパン遊び、一見、面白そうな遊びのように聞こえてしまいます。

もう少し、危険な表現のできる名前に、変えるべきではないでしょうか・・・




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際通信社より 食中毒男児死亡、ユッケ用は加熱用殺菌した牛肉

富山県砺波市の焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で、ユッケを食べた男児が、

腸管出血性大腸菌O111に感染し、死亡した集団食中毒ですが、福井の同チェーン


で食事をした男児も、O111に感染し、死亡していました。



食肉販売業者は、ユッケ用と把握していながら、加熱用の肉を殺菌消毒し、卸販売

をしていた。
また、「焼肉酒家えびす」をチェーン展開しているフーズ・フォーラス社も加熱用と

認識しながらも客に提供していた。



フーズ・フォーラス社は取材に対し、「安く仕入れたかった」と説明しています。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報
 

国際ジャーナルとは 虐待がなくなるように

以前、雑誌「現代画報」にて「虐待」に関する記事が取り上げられていたように思います。
そして、テレビや新聞では毎日といっては大げさかもしれませんが、それに近いくらいに
虐待のニュースが報道されています。報道を目にするたびに、親という立場の大人が許せな
いですし、傷つけられた子供がとても可哀想に思います。私も今、育児をしているのですが、
日々困ることや、腹立たしく思うことがあります。が、それが原因で起こるストレスから我が
子を傷つけてはいけないと思っています。我が子の命を自分が奪うことだって起こるのです。
開村式を終えて、子供たちが里親のもとで生活しているのに、こんなことを言うのは申し訳
ないかもしれませんが、子供は本当の親の手で育てるべきだと思うのです。本来であれば、
利用してはいけないところなのかもしれません。今、不景気なために経済的な問題があって、
今まで生活できたのにできなくなってしまったという家庭もあるかもしれません。
ですが、虐待に関しては絶対にあってはならないのです。世の中から虐待が消えることを願
ってなりません。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
 

国際ジャーナル・報道ニッポン 雪月花

「花鳥風月」などのように、日本の自然の美しさを表す言葉がありますが、「雪
月花」というのもそのひとつですね。

季節外れの雪が桜の花に降って、さらにそこへ月の光が射しているという、夢の
ように美しい光景が今年は見られたことでしょう。

野菜の高騰を引き起こすなど、異常気象はもう勘弁していただきたいところです
が、雪月花のような幻想的な景色は見てみたかった、と勝手なことを思ってしま
います。

2010年の「現代画報」の表紙も、爛漫と咲く満開の桜でした。

日本列島、これから桜の満開を迎える土地もまだまだありますね。どんな美しい
景色がみられることでしょうか。






ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社
 

ザ・ヒューマン 経済の動向をどのように分析するのか

国際ジャーナルは、経済の動向についてよく解説している雑誌ではないかと思い
ます。たとえばですが、住宅着工件数の動向についても、このような民間の経済
の動向が、経済全体を把握するのに役立つということがわかります。いろいろな
経済に関する記事があふれていますが、それをじっくり読んだとしても、経済に
関する予備知識が何もなければ、そのニュースの意味が分からないのが事実だと
思います。ですから、過去に経済の動向がどのようになっていたのか、また、最
近の新商品の動きはどうなのか、新しい消費は増えているのか減っているのか、
エコポイントなど、環境にやさしい商品購入を支援する効果はどうなっているの
か、といったさまざまな情報と関連づけてニュースの意味を考えないと、経済の
動きを的確にとらえることができないと感じています。経済の基本的な知識も必
要ですが、日々の動向に対する自分なりの見方も必要だと思います。経済は難し
いという先入観がある人もいますが、これはトレーニングによってかわるのでは
ないかと思います。そんな感じで、国際ジャーナルを読んでみると、いままでと
違った視点から、経済に関する情報を得ることができるのかもしれません。







国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社
 

ザ・ヒューマン 今夏の電力供給力

新聞に載っていた記事ですが、東京電力の今夏の電力供給力が従来計画よりも
350万キロワット増えて、5000万キロワット近くに回復する見通しである
ことが4月7日に明らかになったそうです。
供給能力の拡大と政府による電力の使用制限や企業・家庭などの節電による
電力需要の削減をすすめて、計画停電をできる限り回避する考えであるという
ことも書かれていました。
この計画停電が行われた際には、多くの人が大変な状況になったことでしょう。
仕事が進まなかったり、食材の問題もあったりしたと思います。
まだまだ節電をすることは大切なことですが、とにかく計画停電の回避は
ありがたい話ですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報
 

報道通信社 願わくば・・・桜の評判

また桜の季節になりました。
我が家の桜はまだ硬そうな蕾ですが、おそらく中旬には、
見事な花の宴を披露してくれるのでしょう。
もう一年経ったのだなーとしみじみ思います。

昨年は何年振りかで母と写真を撮りました。
知らぬ間に大木となった桜の木の下で。
その伸びやかな枝ぶりに感心したり、
それだけ時間が経ったことに改めて気づかされたり、
気づかず過ごしたことを後悔したり、と様々な感傷に浸っておりました。

人も木も家も育ち、やがては老いるということ。
当たり前なのに見過ごしてしまいがちです。
桜が教えてくれた大切なことのひとつ。
ただひたすらに咲き、散り際にさえ美しく物悲しいと評判の桜のように
凛としていきたいものですね。

21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社
 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。