スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際ジャーナル 緑のカーテン

富山市のある中学校の生徒たちが、窓辺でつる性植物を育てて日差しを遮る「緑のカーテン」
作りに取り組んでいるのだそうです。このつる性植物を育てることで教室内の温度を下げる
だけではなく、窓から眺める環境保護の大切さを意識してもらう一石二鳥の効果を期待して
いるそうです。
いずれにしても今は「節電対策」と大きく呼びかけられています。ですが、その呼びかけに
反抗するかのように毎日暑い日が続いています。
自然の植物で涼しい環境が作れるならとても素晴らしいことですね。
このカーテン、どのように成長するのでしょうか。勉強にもなるでしょうし、環境にも良さそう
ですね。今後の成長振りを期待したいですね。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト
 

月刊ザヒューマン 「O26」の感染者

「食」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に様々な内容で載っていると思います。
この時期、「食」に関しては注意しなければならない時期ではないでしょうか。
そんな中、富山県高岡、射水両市で製造された仕出し弁当が原因と見られる腸管出血性大腸菌
「O26」の感染者が相次いだのです。
このことで弁当食材のうち、金沢市近岡町の野菜加工業者が製造した千切りキャベツが原因と
断定されたそうで、この業者の第一工場を3日間の業務停止処分としたそうです。
十分な注意をしていたかもしれませんが、感染者が出てしまったのは事実です。
「食」を扱う店や業者は、対応にさらなる注意が必要な時期でもあるのです。
この時期だけに限らず、多くの人が口にする食。常日頃から万全な対応が必要になってきますね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
現代画報社
 

国際ジャーナルはビジネス誌 復興を願った祈願額

東日本大震災の被災地復興の願いを込めて、中国・海南省の海南市販大学の学生や教員が
作った祈願額が、交流のある大阪市のNPO法人に届いたのだそうです。
この法人の副理事長が今夏、被災地を巡回して被災地の激励に役立てると話していたそう
です。
日頃から様々な交流があるからこそ、勇気が出る、また元気が沸くようなものを頂くことが
できるのですね。それはお金ではなくても、復興への気持ちがこもったもの。
今回の震災では日本だけではなく、世界中から復興への願い、また支援が多く集まりました。
その様子がテレビや新聞でも報道されていました。本当に驚くくらいに集まっているのです。
嬉しいことですね。その多くの人たちの気持ちが果たして、有効に使われているのでしょうか。
それは日頃、疑問に思っています。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際ジャーナルのニュース ペットと同居可能な仮設住宅

東日本大震災で津波被害を受けた福島県南相馬市では、犬や猫などのペットを連れて
避難する人を対象にした仮設住宅が完成したそうです。
そこで、生活上の注意点などに関する説明会が6月26日に開催されたそうです。
この仮設住宅には全94戸のうちすでに52世帯が入居手続きを済ませているそうです。
今まで、家族の一員として飼われていたペットたち。震災の影響で離れ離れになってしまって
いた動物たちも多いと思います。
が、この仮設住宅で再び家族として飼うことができるというのが飼い主としても嬉しいこと
ではないでしょうか。
どのような注意点があるのか分かりませんが、楽しく生活ができるといいですね。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報社
 

国際通信社 コマンドマガジン 高校生が逮捕に協力

新聞に載っていた記事なのですが、電車内で女性を盗撮しようとした男や万引き犯の
逮捕に協力したとして、大阪府の寝屋川署は高校のラグビー部員ら高校生3人に感謝状
を贈ったそうです。新聞に写真付きで載っていました。
とてもたくましい高校生の姿が写っていました。新聞記事によると、とにかく必死だっ
たそうです。ですが、人を助けたということはとても素晴らしいことだと思います。
テレビなどで「最近の若い子は」という言葉を耳にしますが、最近の若い子は・・・の
あとには「捨てたもんじゃない」という印象を受けた今回の新聞記事でした。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社
 

国際通信社 コマンドマガジン 昼寝のススメ

現代画報に昼寝の効果に関する記事が載ってますね。昼食後の20分くらいの仮眠、いわゆる昼寝は、午後からの脳の働きを良くするためにも効果的であるということです。最近、午後の集中力が落ちているような気がするので、ちょっと試してみようかなと思ってます。でも子供のときからいわゆる「寝ない子」で、徹夜した翌日も昼寝はしない、平均睡眠時間5時間でだるくなったことが無い人間にとって、昼寝を習慣化させるのは、ちょっとしたチャレンジです。気分が悪くなったりしないかな。
最初は寝るというより、まず目を閉じてリラックスするところから始めてみるのが良いみたいです。姿勢はうつ伏せ。うつ伏せで寝ると気道を確保しやすくなり、内臓や背骨への負担も軽減されるからだそうです。なるほど。ソファで横になったりして、深く眠ってしまうと、かえって脳の働きを悪くしてしまうことになるんだとか。自分が一番リラックスできて、すぐに起きられる姿勢がいいのでしょう。椅子で机にうつ伏せ・・学生みたい。それから、昼寝の前にはカフェインを摂るようにすると、目覚めがスッキリするそうです。眠気覚ましにコーヒーといいますが、カフェインは体内に摂り込まれてから30分くらいで効果が現れるので、20分の仮眠なら丁度目覚める頃に効いてくるというわけです。これは知らなかった~。それから、昼寝というだけあって、夕方寝てしまうと体内時計が狂って夜眠れなくなるので、昼寝をするなら午後3時ぐらいまでがタイムリミットになります。幼児のお昼寝の取り方と基本的に一緒なんですね。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
現代画報
 

国際ジャーナルのまとめ もっと国民の立場に立った議論を

菅首相の動向が焦点となっていますが、与野党とも見苦しい状況だと思います。
目先の権力闘争に集中して、これまで否定していた国会会期の大幅延長 や第2
次補正予算案の早期編成を突如持ち出すような事になっています。これでは国民
の信頼を失う結果になってしまうのではないかと思います。特に 首相に求めた
いのは政治にまい進する気迫ではないでしょうか。大震災という未曽有の国難に
あってリーダーとしての信念を持ち、日本の再生に取り組 んでほしいものです。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社
 

報道通信社の雑誌とは 政局の行方をにらんだ株式市場の動向とは?

最近の国際経済の動向については、ギリシャやスペイン、ポルトガルなどで、信
用不安が広がっていますね。これらの欧州諸国の財政不安による世界的な株安や
景気への不安がどのように影響してくるのでしょうか。この点については国際
ジャーナルなど、経済に強い雑誌の分析を収集してみたいと考えています。ま
た、最近続いている円高などの影響はどうなんでしょうか。いろいろなファク
ターによって、日本の株価も下落傾向を見せ始めています。
これからの株式市場の動向にも注意が必要かもしれ
ませんね。このような時代においては、やはり情報が一番モノをいうと思います
から、インターネットなどもうまく活用して、様々な情報を集めてみたいと思い
ます。また、日本においては政権の行方が不確定要素になって、さらなる株式市
場への悪影響も予想されます。経済の発展においては、政治の安定という事は、
本当に重要だと思いますから、これからの日本では、もっともっと国民の考え方
が成熟していく必要があると感じます。単純にばらまき政策を行う政党が圧倒的
な支持を受けるという構図はもうそろそろ終わりにした方が、今後の日本のため
になると感じます。







国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社
 

国際ジャーナル・現代画報を確認 バカにしてられない

PIIGSやSTUPID、これらが経済用語で使われているなんて知りませんでした。国際ジャーナルに「ギリシャの金融危機EUの火ダネ、“PIIGS”」という記事が載っていたので、ちょっと調べたら、PIIGSはポルトガル(P)、アイルランド(I)、イタリア(I)、ギリシャ(G)、スペイン(S)の頭文字を取ってつけられたもので、これらの国々の不安定な経済状況を報道する際に使われてきたそうです。PIIGSは言わずもがな、英語で豚を指す言葉ですよ。 ちなみにSTUPIDはスペイン(S)、トルコ(T)、イギリス(U)、ポルト
ガル(P)、イタリア(I)、ドバイ(D)の頭文字で、ギリシャの金融危機で破綻しそうな国のことですってよ。俗称もいいところです。でも、このところのユーロ安は昨年末からのギリシャの財政破綻がまだまだ回復していない、回復の兆しが見えていないことの証明になってますよね。
世界株価も下がりっぱなし。赤字を解消するために、ギリシャが財政支出を削減すればデフレ→景気悪化は避けられないとなれば、欧州中央銀行は国債を買い入れて市場に供給した資金を吸収しない金融緩和策でも採らないと。このギリシャ危機に端を発したユーロへの不信感、簡単に拭い去ることはできそうもありませんね。





日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル
 

ブラックホークとは?国際通信社 本を読む姿

少し前に大好きな作家の小説を読破して、すっかり活字中毒になってしまいました。読書というのは不思議なもので、一度読む習慣から離れてしまうと、何ヶ月も読まなくなるのですが、長い小説などにはまって読み続けると、それを読み終わっても活字が恋しくてたまらなくなることがあります。今がそんな感じ。あー 早く何か読みたい。本の世界にどっぷりはまりたいと思う。web小説にはまったこともあります。でも、続き物だったりすると次のアップまで1ヶ月も待てないんですよねえ。どうしてもスピードを求めてしまいます。本はジリジリしつつも、早く出ないかな~と待てる。不思議です。現代画報に「本を読む」というシンプルなタイトルの記事が出ていて、何だかニヤリとしちゃいました。我が家の小学生二人はなかなか本を読みません。低学年だからなのかもしれないけれど、本好きの母としてはちょっと残念です。そこで、本は面白いということを、自分が読んでいる姿を見せることで伝えられないかなと思って、子供の前で出来るだけ読むようにしています。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
報道通信社
現代画報社
 

ザヒューマンで読む最新記事 商店街に活気を・・・

多くの地域には商店街があると思います。しかし、大手スーパーが出来たり、以前にも雑誌
現代画報」で取り上げられていた「不景気」などの影響を受けて「シャッター街」などと
いわれているところもあるでしょう。ですが商店街というのは、私が思っているのは人情が
あふれた、店側との会話も弾む、そしてちょっとしたおまけなどもつけてくれるような所
だと思うのです。時代の流れというのもありますが、非常に気持ちが和むところだと思って

います。各地域では、商店街の活気を取り戻そうと頑張っておられるところもあるようです。
商店街に活気があふれると、その街も活気づくのではないかと思っています。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際通信社のネットのインタビュー記事 最近の携帯電話のトレンド

このところ、アップルから新しい製品が発表されるなど、携帯できるITツール
はますます盛んになってきています。このあたりの動向については、国際ジャー
ナルでも分析をしてもらいたいところです。近頃ですがタッチパネルで操作する
ケータイが身近になってきている感じがありますね。これはどうしてでしょう
か?タッチパネルを搭載する携帯電話は、これまでもありました。ですから特に
真新しさがあるわけではないようです。最近話題になっているアイフォンのタッ
チパネルが、その原因かもしれません。特にマルチタッチといわれる機能が評価
を得ているみたいですね。画面上の画像に対して、拡大、縮小、回転などの操作
がとても楽になっていますから、2本の指を使うだけで簡単に作業を行えるとこ
ろがいいみたいです。タッチパネルの用途は、携帯電話・スマートフォン用が過
半数というのが業界のデータのようです。やはり、成長している産業機器につい
ては、次から次へと新しいテクノロジーが使われて発展していくのかもしれませ
ん。ポータブルゲーム機用も主力製品です。いずれにしても、タッチパネルの将
来性については、これからもマスコミのニュースなどについて注目していきたい
と考えています。







国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
報道ニッポン
 

フェイスブックで国際ジャーナル インターネットを使ってテレビを録画する?

最近のインターネット時代では、昔と違って、写真などの画像をインターネット
経由で使うことが増えています。しかし、写真のデータは容量が大きいので、回
線によってはメールで送れないときなどもあります。そんなときに使える便利な
サービスがあります。このようなインターネットの活用方法について、国際
ジャーナルでも特集してみると面白いのではないかと思います。このサービスは
オンラインストレージサービスというもので、テキスト、動画、音楽、写真など
さまざまなデータをネット上で保存するサービスのことです。このサービスの利
点としては、自分のパソコンの保存容量を気にすることがなくなる事です。代わ
りに、ネットワーク上に自分のデータを保管することになります。そのほかに
は、親しい友人や仕事仲間などど、ファイルをネット上で共有し合うサービスも
あります。このようなサービスは、これからますます発展していくのではないか
と思います。テレビの録画なども、これからはネット上で行う時代が、もうすぐ
くるのかもしれません。インターネットの活用方法は、これからは本当に広がっ
ていくような気がします。本当にどんな時代になっていくのか、とても楽しみで
すね。







国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
報道通信社
 

ブラックホール・月刊・国際通信社 日々変わっていくインターネットの世界

最近のインターネット関連のニュースでは、蔵独活コンピューティングという言
葉をよく見かけます。これはどのようなものなのか興味があります。国際ジャー
ナルでも、このような新しいインターネットの仕組みについてわかりやすく解説
してもらいたいところです。クラウドとは「雲」を表す言葉の様です。簡単にま
とめてみると、ネットワーク上のどこかにある情報、データなどのリソースにど
こにあるかという意識をすることなく、アクセスできる環境、利用スタイルをク
ラウドコンピューティングというそうです。ちょっと難しい感じもしますね。こ
のクラウドコンピューティングにはどのような利点があるのでしょうか。この点
についてはもっと調べてみたいと考えています。日々パソコンを使うような一般
ユーザーにとっても、役に立つものであれば、積極的に取り入れてみたいと思い
ます。インターネットの世界では、新しい技術や考え方が次から次へと登場して
きますので、何かを覚えて完成ということはありません。逆にいうと、いつも新
鮮な気持ちでインターネットに取り組むことができるのではないかと思います。
そんなところがインターネットの面白いところではないかと、最近は感じています。






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際通信社のネットのインタビュー 経済を深く知るために必要な知識について

国際ジャーナルなどの経済に関する情報を読むと、もっともっと経済についての
勉強が必要だな、と痛感します。特に最近は為替の動向について興味を持ってい
ますから、円高の今後などについては、もっと理解をしていきたいと考えていま
す。為替レートとはそもそもなんでしょうか。調べてみると、2つの国を取り巻
くあらゆる出来事が為替レートを動かすそうです。単に経済の力関係だけではな
いみたいですね。ですから、円高になる理由を特定するのは難しいのかもしれま
せん。しかしながら、一般的に金利の影響が円高に関係しているという話は聞き
ます。これはどういうことなんでしょうか。円とユーロとで考えてみると、日本
の金利が上がり円を持つことの魅力がアップしたり、EUの金利が下がりユーロ
で持つことのメリットが下がったりすると、日本円を持ちたいと思う人が増える
のでしょうか。そのことが円高を引き起こすのかもしれませんね。そのほかにも
北朝鮮の動向や、日本における政権の行方など、為替に与える影響は多数あるそ
うです。以上から考えてみると、為替というのは関係する国のあらゆるファク
ターが、複雑に絡み合って決まっていくようなものではないかとイメージできます。







国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社
 

ビジネスの月刊誌国際ジャーナル 都内のタクシーが電気自動車になる時代

自動車が生まれてから100年以上たちますが、これからは電気自動車が主流に
なっていくのでしょうか。例えばタクシーも電気自動車になっていくなど、新し
い動きは加速していくような感じがありますね。国際ジャーナルでも、この点に
ついてはこれからも特集してもらいたいテーマです。最近の話題として、タク
シー事業を手がける日の丸自動車が東京丸の内周辺で「電気自動車タクシー」の
運行を開始したことがあります。また、他にもベタープレイス・ジャパンが六本
木エリアで電気自動車タクシーの運行実験を始めています。電気自動車の課題は
何でしょうか。これはよく報道されています、やはり1回の充電で走行できる距
離ではないかと思います。一方、都内の様な密集エリアでは、ある程度の走行距
離がキープできるならば、充電装置の設置状況によっては、ガソリンよりいいの
かもしれません。この辺については、これからの電気自動車の技術革新に期待し
たいところです。もともと日本は石油がない国ですから、石油に頼らない産業育
成は、あらゆる面からプラスになるのではないかと思います。21世紀は電気自
動車が主力になる、そんな時代がもう始まっているのかもしれませんね。これか
らも注目してみたいと思います。







国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社
現代画報
 

月刊誌・国際ジャーナル 国民の政治に対する怒り

最近の政局については、被災地の人々はもとより、多くの国民はあきれ返り、心
底怒っているのではないかと感じます。永田町の動きに対して国民がう んざり
していると思います。与野党とも国民の厳しい視線を真剣に受け止めて欲しいと
ころです。お互いの政局に対しての思惑をきっぱり捨てて、いま こそ全力で被
災地の救援・復旧と福島原発事故の収束に一致協力してあたってほしいと感じま
す。その点をどれだけの政治家がわかっているか気になる ところです。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社
 

月刊誌・国際ジャーナル 必要を届ける



国際ジャーナルに「買い物難民」の記事が載っていますが、実家周辺の生活環境を振り返ってみると、人事ではないなと思います。両親が住んでいるのは都市部から離れた何にもない住宅地です。一番近い店は車で15分はかかるクリーニング屋さん(利用頻度は一年に数回!)、食料品を扱うスーパーに行くためにはもう15分は車を飛ばさないといけませんから、生きていくためには車が不可欠になっています。今は幸い二人とも運転に支障はありませんが、乗れなくなったら、一体どうやって生活していくんだろうと心配していたら、「運転できなくなったら、駅前のマンションに引っ越すわ」と心強いというか機転の効いた答えが返ってきました。周りの年寄り仲間はみんな一時間に一本あるかないかのバスを使うか、タクシーだそうです。生協などの宅配サービスをしてくれるところはどうかというと、利用している人はあまり多くないみたいです。共同購入などを使えば、ご近所同士のコミュニケーションも取れるし良いと思うんですけどねえ。もっと宣伝して、高齢者の利用率を上げる努力が必要ですよ。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン
 

月刊誌・国際ジャーナル 3D画像のリスク

最新の家電を試したり体験したりするのって、子供ではなくてもワクワクするものですよね~!けれど、新しい食料品や最新の製品て、そのあとの後遺症といったリスクがすぐにわからないのが怖いところです。それで気になってしまうのが、映画やテレビの画面が立体的に見えるということで、今や映画館でも上映されるようになった3D画像。もちろん立体に見えるものが画面から飛び出してくるので、迫力のある映像が楽しめると大好評なのですが、ここで頭に入れておきたいのが、過去に3Dが普及されていなかったため、3Dを長期にわたって見た場合の研究結果がないということです。だいたいこういうのって、後から「危険」な問題が浮上したりして、厚生省から待ったがかかったりしますからね~。というわけで、3Dテレビが普及される前に知っておきたいのが、子供への目の負担を考えておくことです。3D映画を安全に楽しむために、今言われていることといえば、視聴できるようになる年齢は5-6歳以上で、見るときの照明にも気をつけ、子供に3D画像が立体的に見えているかなどを確認し、目をこすったりといったサインは見逃さないようにすることだそう。また、30分に1回は休憩をとり、体質的に合わないと言ったこともないかを観察することが大切だそうです。そこまでして3Dにこだわらなくても。。?!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際ジャーナル 新型うつ病

「五月病」・・・



昔からこの時期、よく言われる言葉ですね。

新年度が始まり新しい環境入るが、なかなかなじめなかったり、頑張りすぎた結果、

その疲れが、ゴールデンウイーク明け頃に、無気力となって一気に表れるのが「五月病」。




五月病とは俗称で、医学的には「適応障害」や「軽症うつ病」と診断されますが、

ほとんどのケースでは、時間経過とともに改善されるので、

あまり問題視されていませんでした。



その「五月病」消えつつある・・・



その代わりに「新型うつ病」というものが出てきて、

20代を中心に「新型(非定型)うつ病」が猛スピードで急増、

その結果、五月病の存在が吸収されてしまったみたいです。



季節病だった“うつ病”、昨今は年中行事になってしまったみたいですね。



うつ病ですか。。

知り合いのご主人が昔“うつ病”にかかってしまった時、その奥さんは見ず知らずの、


たまたま病院であった女性に「“うつ病”になった原因はあなたにあるんですよ」と言われ、

相当ショックを感じたそうです。

多少は、奥さんにも原因があったかもしれませんが、



元の原因は、“うつ病”にかかった人にあると思います。



“うつ病”にかかる人は、マイナス思考ではないでしょうか。

知り合いで、“うつ病”かな?と思う人がいますが、考え方が全く違います。

例えば、「ご飯食べる?」を「ご飯が食べたいの?」と解釈する。

何かいい合いになると、「どうせ全部自分が悪いんだ」と自己暗示のように唱え、

いい合いすらできない状態に進んでいく。

とにかく、物事をマイナスにしか考えられない。



こんな状態では、周りの人もマイナス思考になってしまいませんか?



育った家庭環境が大きな要因となっている、という指摘もありますが、

家庭環境だけでが大きな原因だとは、思いません!

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社
 

ザ・ヒューマンの経済誌 スザンヌ、両親に彼氏紹介。

スザンヌさん、福岡ソフトバンクスホークスのリハビリ担当コーチの斉藤和巳さんとラブラブ中ですが、どうやらスザンヌさんの出身地熊本で、斉藤和巳さんをご両親に紹介したそうですよ~。どうなるんでしょうかねえ、この二人!この間見たテレビで、結婚運を占ってもらっていたスザンヌさんは、しばらく結婚はないって言われちゃっていましたが、斉藤さんが運命のお相手なんでしょうか?!ちなみに、結婚は決まっていないけれど、斉藤さんと結婚したい気持ちは満々のようです。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
現代画報社
 

ザ・ヒューマンの経済誌 避難民のストレスをケアする体制が急務

東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、被害者のストレ
スが心配です。精神的なストレスを抱える被災者をどう支えていくかを 考える
シンポジウムが東京で開かれています。これはどのような内容だったかという
と、保健師の確保など、継続的な診察やケアができる支援体制が必 要であると
いう事です。政府としても、必要な手当てをするための仕組み作りが必要となっ
てくるのではないかと思います。これからも注目したいと思 います。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン
 

ビジネスと国際ジャーナル 日本がリードする新しいエネルギーの世界

新しい電力の供給源となることが期待されている自然エネルギーですが、大型の
洋上風力発電施設や次世代のバイオマス燃料などは今後どうなんでしょ うか。
2020年代の本格的導入を目指すことなども、菅内閣としては、新しい政策に
盛り込んで欲しいところです。原子力の安全性への信頼が揺らぐ なか、菅総理
大臣としては、技術力を最大限に活用して、日本が再生可能エネルギーの分野で
リードする決意を示して欲しいと期待したいですね。





「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社
 

報道通信社からビジネスシーンで シックスクール症候群

「化学物質が原因で」と聞くと、安心して子供を通学させることができるでしょうか。

工事をする前に、対処方法は考えなかったのかと不思議でなりません。学校は多くの子供を
親から信頼されて預かっているのです。学校側で行っていた事が原因で、自分の子供が何か
の影響を受けた場合、親ならばどう思うでしょうか。校舎の老朽化の対策が、子供がいる
時間帯に必要だったのかどうか分りませんが、子供の体のことも考える必要があったかもし
れません。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報
報道通信社
 

現代画報・国際ジャーナル・取材 一足早い衣替え(再送)

神戸市灘区にある私立松陰中学が、なんでも5月23日に中学高校ともに衣替えが行われたのだとか!早いですね~。松陰中学/高校の夏服は、半袖の白ワンピだとかで、憧れる生徒も多いのだとか。まだ寒いでしょうが、可愛い制服を着ると気分も上がりますよね~!近所の男子生徒さんたちもうれしかったりするんでしょうね~、おじさんたちも鼻の下のびてそう!神戸の街に、白いワンピは生えそうですが、クールビズとはいえ5月はまだ寒い日がありますから、風邪をひかないように注意ですね。

大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル
 

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 一足早い衣替え

神戸市灘区にある私立松陰中学が、なんでも5月23日に中学高校ともに衣替えが行われたのだとか!早いですね~。松陰中学/高校の夏服は、半袖の白ワンピだとかで、憧れる生徒も多いのだとか。まだ寒いでしょうが、可愛い制服を着ると気分も上がりますよね~!近所の男子生徒さんたちもうれしかったりするんでしょうね~、おじさんたちも鼻の下のびてそう!

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
国際通信社
 

ザヒューマンで読むビジネスチャンス 佐藤はつって怖い!

テレビで世界の怖い女たちスペシャルをご覧になった方は、「佐藤はつ」という名前が記憶に残ったのではないでしょうか。だってこの「佐藤はつ」、日本の戦後初の、女性の死刑囚で死刑が執行された人ですもんね。その罪状がまた怖い。なんでも、もともと金持ちになりたかったという美人の「佐藤はつ」さんは、旅館を持つという夢のために男性二人を毒殺したのだとか。でもまあ、最近世の中にはびこっているわけのわからない殺人よりはマシかなあなんて、現代では日本だけではなくて世界の神経が麻痺してきている証拠かも?

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン
 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。