スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際ジャーナル マスコミの取材で明らかになった日産ゴーン社長の次の一手

日産自動車のカルロス・ゴーン社長といえば、危機的な状況であった日産自動車
を立ち直らせた功績で有名ですが、最近のGMの破綻などから、日本の自動車
メーカーも、うかうかしているとGMの二の舞になるという危機感を抱いている
様です。ゴーン社長がマスコミの取材に答えた内容によると、GMの破綻は、日
本や韓国の自動車メーカーの良いところを学ばなかった姿勢になるということを
言っています。また、日本のメーカーも、中国やインドの自動車産業から学ばな
いと、同じことがおきかねないと語っています。インドでは、必要最小限の機能
を盛り込むことで低価格を実現した自動車が販売されて話題になっていますが、
このような考えを日産自動車も取り入れていく意向の様です。2012年にはイ
ンドの二輪メーカーと組んで、3000ドル(約27万円)の低価格車を発売す
る計画が明らかになりました。また、日産自動車では、電気自動車への取り組み
が進んでおり、同社の調査によると、アメリカでは2万5千人の人が、電気自動
車の購入意向を示しているそうです。電気自動車については、充電方式などのイ
ンフラ整備が課題ですが、今後の普及度合いによっては、あっという間に電気自
動車が主流になるのかもしれません。これからの日産自動車におけるゴーン社長
の舵取りに注目したいと思います。





国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。