スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際ジャーナル 認知症の疑い

物忘れがひどくなり、場所や時間がわからなくなることも・・・。親や配偶者にこうした認知症
を思わせる症状が出た時、家族がどう対応したらよいのでしょうか。
大切なのは、医師に相談して早期治療につなげることが大切なようです。

昨年度、「認知症の人と家族の会」東京都支部には738人から電話相談が寄せられたそうです。
大多数を含めた相談は「介護方法」でした。「介護」については以前、雑誌「現代画報」でも
取り上げられていたように思います。
そして、次に多かったのが「受診」に関することだったそうです。
まず、どこの病院を受診したらよいのかわからない・・・という相談が多いようなのです。
認知症の専門医は、精神科や神経内科、脳神経外科、老年科などにいるそうです。
中には「もの忘れ外来」の看板を揚げた病院もあるそうです。事前に電話確認してから受診したほう
がよいと思います。

そこで、東部の画像検査や面接などで認知症がどうかを診断してもらって、早期に治療を始めれば
進行を遅らせることができるかもしれません。ところが、「受診させたいが、本人がどうしても嫌
がる。どうしたらいいのか」と悩む家族も少なくはないようです。本人は、病状には気付かないそ
うです。「健康なのになぜ病院に行くのか」と不信感を募らせるケースもあるのでしょう。
専門医の話では「まずは家族が心配している気持ちをよく伝えて欲しい」とのことでした。
そして「健康診断へ行こう」と勧めてみる方法もあるようです。

親や家族に認知症の疑いを感じたら、私だったらまずは病院に頼るでしょう。私の主人ならきっと
病院へ行くことを嫌がるかもしれません。が、少しでも進行を遅らせたいのが家族の願いだと思う
のです。こういった状況は、急にやってくると聞いたことがあります。家族のためにしてあげられ
ることは一体何か、今から考えておくべきなのかもしれません。


国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
国際ジャーナル通信
books.weblog.vc
国際ジャーナルで評論
gourmet.gob.jp
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
cyber.sphere.sc
国際通信社
国際・報道通信社のつぶやき
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺
国際通信社のネタ
現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。