スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

現代画報社 報道ニッポン 小学校高学年で免疫効果消失?

乳児期に受ける百日ぜきワクチンの効果が、小学校高学年になると約半数で失われること
が、厚生労働省研究班の調査で明らかになったそうです。先日の新聞に載っていました。

社会全体の感染者が減ったために、菌にさらされて免疫を維持する機会が乏しくなったの
が原因とみられています。3年前から国内で患者が急増していて、研究班は「11~12歳で
接種する2種混合ワクチンに百日ぜきも加えるなど、追加接種の必要がある」と指摘しました。
国の定期接種の見直しを、近く厚生労働省に提言するそうです。

定期接種計画では、百日ぜきと破傷風、ジフテリアの3種混合ワクチンを、生後3ヶ月~7歳半
の間に計4回接種することになっています。私の住んでいる地域では、医療機関で接種する
ことになっています。これによって、百日ぜきの免疫は一生、持続すると考えられていたの
です。

しかし、2007年に大学生を中心とした流行が発生したのです。これを受けて、2つの研究班が
11~12歳266人を対象に、百日ぜきに対する免疫物質の量を調べたところ、46パーセントの12
2人は、発症を防げる水準を下回っていたといいます。

私の主人が何年か前に咳が止まらず、病院へ行ったのですが、風邪対応の咳止めを処方しても
らっても、なかなか落ち着かずに苦しい思いをしていました。今、思えばあれが「百日ぜき」
だったのかなと2人で話しています。幼い子供を持つ母親は、決められた期間に予防接種を受け
に走り回るものです。私も、子供を連れて走り回りました。小学校高学年といえども、まだ
まだ病気をしやすい時期です。できれば、早めの見直しをしていただきたいですね。子供が
つらい思いをしないように・・・。


報道ニッポンを求めて
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています アメリカンテント | トピックス 国際通信社の国際ジャーナル ※記事詳細はココをクリック! 現代画報のグラビア雑誌 国際ジャーナルの求人 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナル 国際ジャーナルの掲載企業 現代画報社 現代画報のTABLE FOR TWOの活動について - 現代 ... 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。