スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際ジャーナル 赤ちゃんポスト、運営開始から3年

親が養育できない子どもを匿名で託す熊本市の病院の「赤ちゃんポスト」が5月10日、運
用から3年を迎えました。この「赤ちゃんポスト」については、テレビや新聞でも大きく
取り上げられて、様々な意見があったと記憶しています。

記者会見をしたこの病院の理事長は「妊娠期から養育までの国の母子支援が不十分」と
述べました。生活困窮や不倫などで望まない妊娠をした母親を支える仕組みの早急な
整備を求めたのです。

さらに理事長は「たくさんの母子が救われた」と設置の意義を強調しました。一方、望ま
ない妊娠をした遠方在住者からも「破水した。病院に行けないので助けてほしい」などと
緊急を要する相談が後を絶たず、「一民間病院では限界がある」と対応の苦慮している現
状も訴えました。

2007年5月の運用開始から昨年9月までにゆりかごに預けられた子どもは51人だそうです。
熊本市は昨年度に預けられた人数などを5月下旬に公表する方針だということです。

雑誌「現代画報」では、以前に「育児」や「出産」に関する記事が取り上げられていたよ
うに思います。女性が子供を授かるというのは、本来であれば幸せなことであり、素敵な
ことなのです。そして、本来であれば出産後は母親と父親の愛情で子供を育てるべきだと
思います。私も子供を出産して、育児に追われる毎日を送っています。
大きな理由があって、子供を育てることができなくなってしまったなどで「赤ちゃんポスト」
を利用したいと思う人がいるというのは、現実です。この現実をみなさんは、どう思われる
でしょうか。理解できないと思うでしょうか。


現代画報社 高齢者を襲う事件(詐欺、火災、地震)
国際通信社の取材で・・ 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット wiki 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。