スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際ジャーナル 朝の目覚めがよいかどうか

仕事中心の生活をされている人、また今は仕事をしていなくても近所付き合いや人付き合いをされて
いる人「ストレス」が溜まっている人が多いのではないでしょうか。
雑誌「報道ニッポン」では、「健康」をテーマにした記事が紹介されているかと思いますが、この「
ストレス」から体調を崩して病院に通っている人も少なくはないのではないかと思うのです。

体調を崩さないまでも「朝の目覚めがよいかどうか」というのが、仕事のストレスなどが反映されて
いるようなのです。
20代は上司との関係、30代は仕事の満足度、40代はリラックスできる時間の有無が最も影響している
ことがある大学の調査でわかったそうです。

ある地域の情報通信企業に勤務する20~40代の社員1500人にアンケートをとったそうです。
「朝の目覚め」や「仕事中の眠気」などの状況から、睡眠の充足度を「高い」「普通」「低い」の
3段階に分けて、ストレスとの関係を調べたそうです。
充足度の低い群は、高い群の比べてストレスを訴える割合が高く、「会社に行くのがつらい」「ぼー
っとする」「集中力が低下する」と答えた人が、それぞれ11・7、11・4、6・6倍も多かったそうです。
朝の目覚めのよさに何が一番影響しているかを詳しく分析すると、20代では「上司との関係」など、
年代によってストレスの原因が違っていたそうです。

1日の仕事が終わり、「今日も疲れた」と思うことはよくあるかと思います。「今日は疲れたから早
く寝よう」と思い、いつもの就寝時間よりも早く布団に入ってもなかなか寝付けないこともあります。
そして朝、起きる時間になっても「今日は何もしたくない」「つらい」などと思うことが、実は私に
もよくあるのです。「ストレス」が関係しているのですね。

みなさんは、いかがでしょうか。




取材日記 国際通信社
報道ニッポン―草花からのシグナル・報道通信社 wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。