スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

国際通信社グループの現代画報 国際サッカー評議会、PKのルールを厳格化。

5月18日、サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)は、スイスのチューリヒで会合を開いたそうで、ワールドカップの南アフリカ大会から、PKでのフェイントについてルール適用をより厳格にすることを決めたそうです。なんでも、PKを蹴る直前に止まるといったフェイントは反則とみなされるようになるそうで、イエローカードになってしまうよう。ここで「やばいかも?」と言われているのが、日本代表のMF遠藤保仁さん(30)の通称、“コロコロPK”。日本代表戦でもPKキッカーを任されることが多いそうで、その遠藤さんの必殺技が「コロコロPK」という、ゆっくりとした助走からゴールキーパーの動きを最後まで見極めて、シュートを入れるというもの。遠藤さんはフェイントは入れていないそうですが、女装の時にスピードが落ちるときがあるらしく、これがフェイントと取られるかも?なんでルールを厳格化することになったのかというと、最近ブラジルでPKを蹴る時にフェイントをかけるのが横行しているからだとか。確かに、フェイントをかけられたら、キーパーは飛んじゃいますよね~。どーなるのか、次回のワールドカップ。PK戦にならないことを祈るのみかな。

国際ジャーナルで扱う詐欺問題
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。