スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

月刊・国際ジャーナル・国際通信社 モービル油の天ぷら

 第二次世界大戦時、日本で唯一、凄惨な地上戦の舞台となった沖縄。

 戦後も、基地問題、県民所得最下位など厳しい現実に直面していますが、そん
な暗い一面を吹き飛ばしてしまうのが所謂「沖縄オバァ」のパワー。

 沖縄オバァ研究会出版の「沖縄オバァ列伝」「オバァの喝!」には、戦後を強
烈なパワーで生き抜いたオバァたちの抱腹絶倒のエピソードが満載です。
 まさに「下手な漫才より笑え」ます。

 中でも最も強烈だと言えるのが「モービル油の天ぷら」の話。
  
 戦後、モノのなかった頃、飢える子どもたちに、台所を預かるオバァ達は天ぷ
らを作ります。「2切れ以上は食べるな」ときつく言われるのですが、食べざか
りの子供、禁を破って食べてしまいます。
 そしてその日の夜、猛烈な下痢に悩まされるというお話。

 この天ぷらの油、オバァ達が米軍基地などで入手した、飛行機などに使うモー
ビルの機械油で揚げたもの。
 粒子が細かすぎ、消化されずに腸を通過してしまうのですね。
 
 この時代、これを食べた経験者は枚挙に暇がないそうです。尾籠な話、中には
自覚する暇もなかったなんてことも。
 
 死亡者もあったそうから、笑い事でもないですが、当時者たちはしっかり笑い
話にしてしまっています。
 
 私も爆笑しつつ、戦後の悲惨さ、人間の逞しさを感じさせる話だと思いました


 「現代画報」2010年2月号の普天間基地の記事を見て、ふと思い出したエピソー
ドです。 





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

三、四郎

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。