スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

月刊誌・国際ジャーナル 3D画像のリスク

最新の家電を試したり体験したりするのって、子供ではなくてもワクワクするものですよね~!けれど、新しい食料品や最新の製品て、そのあとの後遺症といったリスクがすぐにわからないのが怖いところです。それで気になってしまうのが、映画やテレビの画面が立体的に見えるということで、今や映画館でも上映されるようになった3D画像。もちろん立体に見えるものが画面から飛び出してくるので、迫力のある映像が楽しめると大好評なのですが、ここで頭に入れておきたいのが、過去に3Dが普及されていなかったため、3Dを長期にわたって見た場合の研究結果がないということです。だいたいこういうのって、後から「危険」な問題が浮上したりして、厚生省から待ったがかかったりしますからね~。というわけで、3Dテレビが普及される前に知っておきたいのが、子供への目の負担を考えておくことです。3D映画を安全に楽しむために、今言われていることといえば、視聴できるようになる年齢は5-6歳以上で、見るときの照明にも気をつけ、子供に3D画像が立体的に見えているかなどを確認し、目をこすったりといったサインは見逃さないようにすることだそう。また、30分に1回は休憩をとり、体質的に合わないと言ったこともないかを観察することが大切だそうです。そこまでして3Dにこだわらなくても。。?!

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
フリーエリア
プロフィール

Author:三、四郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。